編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ「ジェネレーティブ」
記事まとめ:IT各社の中期経営計画

パナソニックら、コンソーシアム設立--生体認証活用の業界横断型プラットフォーム実現へ

NO BUDGET

2021-12-09 14:24

 ジェーシービー(JCB)、大日本印刷(DNP)、パナソニック システムソリューションズ ジャパン(パナソニック)、りそなホールディングス(りそなHD)は、生体認証を活用した業界横断型プラットフォーム「顔認証マルチチャネルプラットフォーム」の実現に向け、コンソーシアムを設立した。パナソニックが発表した。

 同コンソーシアムでは、顔認証マルチチャネルプラットフォームについて参加事業者が対等な立場で活発に議論を交わせる「場」を作り、各事業者の強みを活用した新たな価値創造を目指す。

 さらに、新たなユーザーメリットの創出や利便性の向上に向けて、事業者間の情報も連動させ、異業種データの相互補完やサービスの連携を実現するための新しい枠組みについて協議する。

 顔認証マルチチャネルプラットフォームは、本人の同意を得て登録した顔画像データを共通のサーバーに蓄積し、業界横断的にオープンに活用することで、日常生活のさまざまな場面で「手ぶらで」「スピーディに」サービスを利用できる環境を構築する。

 なお、顔認証の実証実験をりそなグループの施設で実施する。対象は同グループの従業員の一部で、入退室管理や決済について実証を行い、利用者の受容性や運用面の課題を検証する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]