編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

浦和レッズ、「LINE WORKS」を全社員に--スカウティング業務でもセキュアに情報共有

NO BUDGET

2021-12-10 15:15

 プロサッカークラブを運営する浦和レッドダイヤモンズ(浦和レッズ)は、全クラブスタッフ150人にコミュニケーションツール「LINE WORKS」を導入し、本格運用を開始した。ワークスモバイルジャパンが発表した。

 従来、浦和レッズではクラブスタッフ間の業務連絡に電話とメールを主に使っていた。しかしスカウティング担当者や営業担当者は社外にいることが多いため、情報共有が遅れてしまうケースがあった。また、外出の多い社員やリモートワークの社員からは、スマートフォンやタブレット端末からメールや社内資料へアクセスでき、PCと同期できるグループウェアの導入を希望する声が多数出ていた。

 LINE WORKSを導入することにより、メールやスケジュール、「Drive」などの様々な機能を、PCとモバイル間でシームレスに利用できるようになり、社外にいてもスムーズに業務が行える環境も整った。

Driveに保存されたファイルやフォルダを安全に共有
Driveに保存されたファイルやフォルダを安全に共有

 情報セキュリティの点では、各機能に制限やアクセス権を設定することで、必要な情報が必要な人に届くように設定している。また、アクセスログが残るため、セキュリティを担保し、安心して機密情報をやりとりできる環境を構築した。

 業務効率の面では、カレンダー機能を活用し、各担当のスケジュールを一括管理できるようにしたり、アンケート機能を活用して社内向けチケット販売数を集計したりすることで、効率向上を進めている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]