盲導犬の育成プロセスを改善へ--NEC、先進的な健康管理を目指した取り組み

NO BUDGET

2021-12-16 11:11

 NECは、日本動物高度医療センター、関西盲導犬協会、京都市獣医師会と連携し、盲導犬の先進的な健康管理を目指した取り組みを12月から開始した。将来的には、1頭ごとの訓練情報と健康管理情報を突き合わせ、最終的に盲導犬の適性がある犬の共通特性を把握することで、盲導犬育成のプロセス改善に活用する。

 具体的には、日本動物高度医療センターの犬猫用活動量計「PLUS CYCLE」を訓練センターに入所した盲導犬候補となる犬の首輪に装着する。PLUS CYCLEは、三軸加速度センサーと気圧センサーを備えている。

PLUS CYCLEを首輪に装着した盲導犬候補の様子
PLUS CYCLEを首輪に装着した盲導犬候補の様子

 初期訓練期間の6週間で収集した各種データをNECの人工知能(AI)技術群「NEC the WISE」で分析し、従来は難しかったストレスチェック、運動量の変化、性格の変化、健康状態の予測といったきめ細かい健康管理を可能にする。収集するデータは、センサーで得られる活動量・ジャンプ回数・睡眠時間などの活動データに加え、訓練センター入所時に京都市獣医師会が実施する健康診断・診療結果や、訓練士が毎日行う所見のデータなどの診察データとなる。

分析イメージ
分析イメージ

 NECと日本動物高度医療センター、関西盲導犬協会、京都市獣医師会は今後、初期訓練期間だけでなく、盲導犬候補の誕生から盲導犬になった後までAIを活用した健康管理の充実を図っていく。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]