編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

積水化学工業、クラウド型のB2B/EDIデータ交換サービスなど導入

NO BUDGET

2021-12-21 10:01

 積水化学工業は、次世代の法人間取引(B2B)の連携基盤として「OpenText B2B Managed Services」を採用した。

 同社では、B2Bの受注業務において。取引先約8000社のうち75%を占める小規模な代理店や工務店(約6000社)からの受注をファクシミリやメール添付、電話で行っててた。このため基幹システムへのデータ入力作業で過大な負荷がかかっており、煩雑なマニュアルプロセスがボトルネックになっていた。

 同社は当初、EDI(電子データ交換)サーバーの内製や既存EDIシステムのバージョンアップも検討したが、スピード感を持って進めるには限界があると判断、取引先ごとに仕組みが異なるB2B領域を切り出し、基幹システムとのインターフェースを一本化し、デジタル取引の範囲を広げることとした。

 2018年頃から新たなB2B連携の仕組みを検討した結果、クラウド型でB2B/EDIデータ交換を実現するOpenText B2B Managed Servicesおよびウェブ、モバイルでの受注に対応するカスタムB2B/ECを担う「OpenText Order Application Portal」の構築を決定した。今後グローバル標準の仕組みを導入することで、業務プロセスの標準化を図っていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]