編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

サムスン、PCIe 5.0対応SSD「PM1743」を発表--2022年1Qに量産開始へ

Cho Mu-hyun (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2021-12-27 12:08

 韓国のサムスン電子は現地時間12月23日、最新の通信規格である「PCIe 5.0」インターフェースに対応したエンタープライズ向けSSD「PM1743」を業界に先駆けて開発したと発表した。

PM1743
提供:Samsung

 このSSDは、2.5インチと3インチEDSFF(E3.S)のフォームファクターの製品が用意されており、容量は1.92TB~15.36TBとなっている。同社は、2022年第1四半期中に量産を開始するとしている。

 同社は、サーバー企業や、Intelといった半導体メーカーと協力してきたという。

 PM1743には、サムスンの第6世代「V-NAND」と、自社開発のPCIe 5.0コントローラーが組み込まれている。

 サムスンによると、PCIe 5.0インターフェースの採用によって、その通信速度が「PCIe 4.0」の2倍となる32GT/s(GigaTransfers per second)に引き上げられる結果、このSSDはメタバースや人工知能(AI)といった最近の技術発展による処理対象データ量の急増を背景に、データセンターやエンタープライズサーバーで高い需要が見込まれるという。

 同社によると、このエンタープライズ向けSSDのシーケンシャルリード速度は13GB/s、ランダムリード速度は2500K IOPSとなっており、前世代のPCIe 4.0製品と比べるとそれぞれ1.9倍と1.7倍高速化しているという。

 また、シーケンシャルライト速度は6.6GB/s、ランダムライト速度は250K IOPSとなっており、前世代のPCIe 4.0製品比でそれぞれ1.7倍と1.9倍高速化しているという。

 さらに、PM1743はデュアルポートを採用しているため、一方のポートが障害によって停止した場合でも、もう一方のポートでサービスを継続できる。これにより、サーバーの安定したパフォーマンスを維持できると同社は述べている。

 これらの特長に加えて、PM1743はセキュリティプロセッサーとルートオブトラスト(RoT:信頼の基点)によってサーバーレベルの機密性と完全性を実現するとともに、認証(attestation)を通じたセキュアブートも搭載していると同社は述べている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]