編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
IT企業の年頭所感

今後もグローバルで質の伴った成長を遂げていく--NTTデータ・本間社長

ZDNet Japan Staff

2022-01-06 07:50

 2022年に向けたIT企業のトップメッセージや年頭所感を紹介する。

NTTデータ 代表取締役社長 本間洋氏

 新型コロナウイルス感染症が発生、流行し始めてから、およそ2年が経過しようとしています。直近では新たな変異株が見つかるなど、いまだ終息は見えません。状況は地域や国によって異なりますが、引き続き感染防止策に努めながら事業を継続します。

 コロナ禍を契機に、社会では多くの課題が顕在化しました。デジタルトランスフォーメーション(DX)の遅れや気候変動対策など深刻な課題も多く、私たち企業は事業推進と様々な社会課題の解決の両立を強く求められています。NTTデータは創立以来、「情報技術で、新しい『しくみ』や『価値』を創造し、より豊かで調和のとれた社会の実現に貢献する」という企業理念を掲げ、社会やお客さまの発展に貢献してきました。いまその理念に改めて立ち返り、より強く意識する必要があることを感じています。

 現在加速している社会全体のデジタル化にあたっては、「常に生活者の視点に立つ」という点を重視して取り組んでいます。社会課題の解決や、そのための新たな価値創造は、一企業の取り組みでは実現できない場合が多いと思います。NTTデータは、デジタル化に伴い多様なステークホルダーが「つながる」社会を実現していく中で、広く課題解決することを目指します。

 また、気候変動対策にもより注力すべく、2021年10月に「グリーンイノベーション推進室」を新設しました。データセンターを中心に弊社自身の炭素排出量を減らす取り組みを進め、かつ社会全体の排出量の低減のために必要なそれぞれの立ち位置での排出量の可視化、モニタリング等の活動をITでサポートしていきたいと考えています。

 多くの皆さまとこれらの考えを共有し、同じ目線に立って取り組んでいくために、2021年に新たな社会のビジョン「Smarter Society Vision」を策定しました。データ活用による生活者一人ひとりの健康な暮らし、リアルとオンラインの融合による新たな購買体験など、目指したい社会の姿をいくつかの切り口で現しています。NTTデータは先進技術の知見、その活用、推進する人財などさまざまな要素で「つくる力」と「つなぐ力」を強化し、このビジョンを実現していきます。

 2022年はNTTデータにとって新中期経営計画が始まる重要な年です。新中期経営計画では、2025年に世界中のお客さまから信頼される企業になる「Global 3rd Stage」の実現に向けて、具体的な一歩を踏み出します。これまでも全世界のブランド統合、北米のデジタル対応力強化、EMEA・中南米を統括する新会社「NTTDATA EMEAL」の設立など、海外事業においても着実に歩みを進めてきました。今後もグローバルで質の伴った成長を遂げていきます。

 「豊かで調和のとれた社会の実現」――。NTTデータは創立以来の企業理念に沿って、2022年も挑戦を続けます。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]