編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

博報堂メディカル、製品の解説役を3DCGキャラクターに--動画制作の課題を解決

大場みのり (編集部)

2022-01-11 17:38

 医療用医薬品の広告会社である博報堂メディカルは1月11日、製薬企業が医師や患者向けに提供する製品説明動画を、3DCGを活用して制作するサービス「ヒューマンメーカー」の提供を開始したと発表した。医療用医薬品とは、病院で医師・歯科医師の診断を基に処方される医薬品。

 製品説明動画の制作では通常、広告会社がマーケティング課題に応じた企画演出を立案し、医療に精通したメディカルライターが企画に基づいた原稿を作成。医療用医薬品に関するプロモーションコード審査を経た上で、俳優や医療従事者などが出演して撮影を行う。

 そのため、撮影後の社内審査などで修正が発生した場合、追加して撮影する出演者の日程調整が難航したり、制作コストが増えたりして、予定通りに動画を公開できないことが多々あるという。また、出演者側の都合で契約が見直しとなり、制作中の動画素材が利用できなくなるケースもある。

 ヒューマンメーカーでは、3DCGで作られた仮想の人物キャラクターを動画内の解説役として起用することで、物理的な撮影工程が不要になるとともに、柔軟な修正対応が可能となる。人物キャラクターは、ベースとなる複数の人物造形の中から、顧客の希望に応じて変更を加えて作る。キャラクターのリアリティーが高いことから、2DCGと比べて写実的な映像になるとしている。

 同サービスでは、博報堂メディカルの医療用医薬品マーケティングに関する知見と博報堂グループ内外のクリエイティブ力を掛け合わせ、企画、原稿制作、3DCGを用いた動画制作まで一貫して提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]