編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
注目の記事まとめ「機械学習の現在」

USBメモリーを標的に送りつけて攻撃--挿入されたPCにランサムウェアをインストール

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-01-11 14:39

 米連邦捜査局(FBI)は、サイバー犯罪集団がUSBメモリーを企業に郵送し、受け取った企業がそれをPCに接続すると、ネットワークにランサムウェアがインストールされる攻撃が米国で進行中であることを明らかにした。

 このUSBメモリーを使った攻撃の手口は、「BadUSB」と呼ばれるものだ。問題のUSBメモリーは、米国の郵便公社と大手貨物運送会社であるUnited Parcel Serviceを使って送付されている。中身にはいくつかの種類があり、そのうちの1種類では、USBメモリーに新型コロナウイルスに関する情報が入っていると記された、米保健福祉省からのものを装った送付状が同封されている。また、Amazonからのものに見せかけて、ギフトカードとUSBメモリーが入った小包が送りつけられてくるケースもある。

 BadUSB攻撃は、USB規格の汎用性を悪用した攻撃手法だ。この攻撃では、USBデバイスのファームウェアを書き換えることによって、デバイスをキーボードだと認識させて自動的にキー入力を行い、コンピューターにコマンドを実行させたり、OSが起動する前にマルウェアをインストールしたり、ネットワークカードに偽装してトラフィックをリダイレクトしたりすることができる。

 BadUSB攻撃はそれほどよく見られるものではないが、2020年には、サイバー犯罪集団がUSBメモリーと偽のギフトカードを送りつけ、米国の家電量販店を装って、USBメモリーにギフトカードで引き換えられる商品のリストが入っていると書かれたメッセージを同封する攻撃を実行したことがある。2020年の攻撃は「FIN7」と呼ばれる組織によるものだったが、今回の攻撃もやはりFIN7によるものだと考えられている。

 The Recordの記事によれば、FBIは、今回のBadUSB攻撃で送付されているのは「LILYGO」ブランドのデバイスがだと警告している。USBメモリーは2021年8月から小包の形で運輸業界や保険業界の企業に送付されており、11月からは防衛産業の企業も標的になっている。

 このUSBメモリーは、PCに接続するとキーボードとして認識され、標的のPCにキーストロークを入力し、マルウェアをインストールするようになっていた。被害を受けたPCには、PCの悪用や、ネットワーク上のラテラルムーブメント(水平移動)、マルウェアの追加インストールなどが可能になる多数の攻撃ツールがインストールされていた。

 これらのツールは、BlackBatterやREvilをはじめとする複数のランサムウェアを導入するために使われていた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]