編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

SAPジャパン、新たな働き方「Pledge to Flex」を発表--大阪オフィスもリノベーション

NO BUDGET

2022-01-13 16:11

 SAPジャパンは、ニューノーマル時代における新しい働き方「Pledge to Flex」の実現を進めると発表した。

 Pledge to Flexは、Flex Location(勤務地の柔軟性)、Flex Time(働く時間の柔軟性)、Flex Workspace(働く場所の柔軟性)の3つを軸としている。これに関する取り組みとして、1月1日に人事制度を改訂したほか、1月6日にリノベーションを終えた大阪オフィスをオープンさせた。

 Flex Locationでは、テレワークを多様な働き方の一つとして継続的に選択できるようにし、ビジネスニーズなどの要件を満たした場合には、所属する事業所の通勤圏外(国内)からのテレワークも可能とする。

 Flex Timeでは成果を生む働き方に注目し、マネージャーやチームとの連携により、週の稼働日を調整する働き方も取り入れる。さらに、Flex LocationとFlex Timeを支える選択型福利厚生サービスを追加導入し、従業員の育児や介護の支援、健康とウェルビーイングの支援、在宅勤務の支援などを自由に組み合わせて利用できるサービスを提供する。

 Flex Workspaceでは、2022年8月にコンカーのオフィスも合流させてオフィス移転を行う。リノベーションされたSAPジャパン大阪オフィスも従業員それぞれの業務に適したオフィス機能を有し、より高いパフォーマンスを発揮できる場所となった。

 これにより、同社の従業員は引続きリモート、オフィス、またはその両方を組み合わせた勤務形態を維持することができる。オフィスでの対面コミュニケーションのメリットとテレワークを活用した働き方を組み合わせることで、ハイブリッドな働き方を定着させ、従業員のモチベーションと業務効率を高めていく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]