編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

IBM、環境パフォーマンス管理のデータ分析ソフトベンダーEnvizi買収

Aimee Chanthadavong  (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-01-12 13:49

 IBMは米国時間1月11日、サステナビリティーやエネルギーのデータアナリティクスソフトウェアを手がけるEnviziを買収したと発表した。Enviziはオーストラリアを拠点とし、環境への取り組みを管理するためのデータやアナリティクスソフトウェアを提供している。IBMはEnviziを買収し、企業のサプライチェーンが環境に及ぼす影響を明確に把握できるよう支援する。

Envizi
提供:IBM

 買収は11日に完了した。買収条件は明らかにされていない。

 IBMは、「IBM Maximo」資産管理ソリューション、「IBM Sterling Supply Chain Suite」サプライチェーンソリューション、「IBM Environmental Intelligence Suite」、「IBM Turbonomic」と「Red Hat OpenShift」の機能群などの、IBMの人工知能(AI)を活用した広範なソフトウェアにEnviziを統合していく。Enviziのソリューションは、ESG(環境・社会・ガバナンス)のレポーティングの取り組みの一環として、タスクの管理を効率化するほか、持続可能性に関するインサイトを提供し、ビジネス戦略を強化する上で役立てられる。

 IBMのAIアプリケーション担当ゼネラルマネージャーKareem Yusuf氏は、「企業はサステナビリティーに向けた真の進歩を実現する上で、日々の意思決定をより知的で行動可能なものにするために有用となる、データを予測的な洞察に変換する能力を必要としている」と述べた。

 「Enviziのソフトウェアは、事業運営全般を通じた排出データを分析し、理解するための信頼できる唯一の情報源(SSOT)を企業に提供するとともに、企業がより持続可能な運用とサプライチェーンを生み出す上で役立てられる、IBMのAIテクノロジー一式を拡充するペースを劇的に加速させる」(Yusuf氏)

 IBMは、自社のソフトウェアを利用し、エネルギー消費を管理したり、温室効果ガス排出削減を促進したりしている。同社は2021年2月、2030年までに温室効果ガス排出量ネットゼロの達成を目指すという計画を発表した。炭素回収などのテクノロジーを利用し、温室効果ガスの排出削減に向けて可能な限りのことをしてもなお排出されるガスの量、すなわち「IBMの残存排出レベルと同等かそれ以上の量」のガス排出を2030年までに削減するという。

 EnviziはSaaSソリューションとして提供されており、マルチクラウド環境で利用できる。Qantas AirwaysやUber Technologies、MicrosoftもEnvisiのソフトウェアを導入している。Microsoftは2020年1月、2030年までにカーボンネガティブを実現する計画を発表するとともに、2050年までに同社が1975年の創業以来、直接的に、あるいは電力消費によって間接的に排出してきた、すべての二酸化炭素の環境への影響を排除したいとしていた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    日本のコンテナ/Kubernetes環境の本番活用が遅れる理由を2つの調査結果分析から考察

  2. 運用管理

    日本企業のDX推進に立ちはだかる「データ利活用」の壁─壁を乗り越えるための5つのステージを知る

  3. セキュリティ

    支払った身代金の平均額は約17万米ドル、復元できた割合は65% - ランサムウェア被害の現実

  4. ビジネスアプリケーション

    DXを妨げる3つの障壁を解消、内製化アプローチとIT基盤構築でDXを実現するベストプラクティス

  5. セキュリティ

    専門家 1264人への調査結果が示す、ランサムウェア攻撃による深刻な被害コストの実態

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]