編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

神戸大など、国内初のセキュアクラウドによる高精細映像伝送を実証

NO BUDGET

2022-01-20 09:31

 神戸大学と香川大学、日本赤十字社高知赤十字病院(高知赤十字病院)、オリンパス、NTTドコモ(ドコモ)は、リアルタイムかつ複数人による医療用映像の確認とアノテーションを実現する遠隔医療の実証実験を2月23日に行うと発表した。

 同実験は、消化器内視鏡使用に関する先進医療機関が連携し、「遠隔地からリアルタイムで疾病状況を確認・アノテーションを活用した診療支援」「疾病状況などを複数施設間でリアルタイムに共有することによるカンファレンスの高度化」および「アノテーションを活用した的確な映像共有による医療教育の高度化」を可能にすることを目的としている。

 アノテーションとは、映像に線や図形を描画すること。内視鏡の映像に加え、手技を行う医師の手元の様子を合成した映像を「ドコモオープンイノベーションクラウド」経由で複数の人が同時に閲覧できるようにするほか、内視鏡映像へのアノテーションをリアルタイムに実施する。

本実証実験のイメージ
本実証実験のイメージ

 実証では、セキュアなクラウドコンピューティング環境で高精細映像伝送に対応するドコモの高精細映像伝送システム「LiveU」も国内で初めて利用する。実証が成功すれば、セキュアな接続を維持したまま、アノテーションされたフルHD映像を、場所や環境を選ばず複数の人で確認できるようになる。

 これまでセキュアな通信環境の構築には、専用線の利用が一般的で、受信機の設置に多くの費用や時間がかかっていた。しかし、「ドコモオープンイノベーションクラウド」を用いてクラウド上に受信機機能を実装することで、モバイル通信環境においても受信機を設置することなくセキュリティを確保できるようになる。

 実証に参加した 3医療機関と2社は、今後オリンパスが提供する消化器内視鏡を中心とした高精細医用映像機器と、ドコモの「ドコモオープンイノベーションクラウド」を活用し、セキュアな環境での医用映像の共有およびアノテーションによる的確な医療現場間のコミュニケーションの浸透と、映像蓄積による充実した医療環境提供の実現を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]