編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向

NTTドコモ、「人間拡張」を実現する基盤を開発

NO BUDGET

2022-01-20 09:41

 NTTドコモは、第6世代移動体通信(6G)ネットワークで人間の感覚を拡張する「人間拡張」を実現するための基盤を世界で初めて開発した。開発にはH2L、FCNT、富士通の技術協力を得た。

 この基盤に接続したセンシングデバイスで人の動作データを取得し、同基盤上に蓄積する。蓄積したデータを用いて、過去の人の動作を現在の人で再現することも可能という。過去や現在など時間の概念に縛られず人の動きを再現でき、熟練した技術を必要とする分野での後継者不足や技術継承などの社会課題解決への貢献も期待できるという。

人間拡張基盤のシステム構成
人間拡張基盤のシステム構成

 6Gでは、ネットワークの通信速度が人間の神経の反応速度を超えるとし、脳や身体の情報をネットワークに接続することにより、ネットワークで人間の感覚を拡張することが可能になると考えられている。ドコモは、「人間拡張」として目指しているさまざまな機能のうち、「身体のユビキタス化」と「スキルの共有」の実現に向けて、他者間の動作の共有を可能にするツールとして今回の基盤を開発した。

 同基盤では、動作を把握する機器(センシングデバイス)で取得した動作データを、動作を再現する駆動機器(アクチュエーションデバイス)を通して、人やロボットにリアルタイムに伝える。この際に同基盤に接続する人やロボット同士の大きさや骨格などの身体データを比較し身体データの差分を考慮して人やロボットを動かすことができる。

 また、再現する動作の大きさを拡大または縮小できるため、大きさや骨格の異なる人やロボット同士の無理のない自然な動作の共有や、大きい動作をもとにきめ細やかな動作を再現することなどを実現できる。さらに、デバイスはモバイルネットワーク経由で本基盤に接続できるため、さまざまな場所で人間の身体を拡張させることが可能となる。

 また同基盤では、パートナー企業のさまざまなデバイスの相互接続できる。ドコモは、デバイス開発者向けに同基盤に簡易に接続できる開発キット(SDK)を提供する。これにより、同基盤に連携するセンサーやアクチュエーションに関する技術を持つパートナー企業を増やし、同基盤の付加価値向上と商用化に取り組んでいく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]