IBM、「Watson Health」事業の一部を投資会社Francisco Partnersに売却へ

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-01-24 10:08

 IBMは米国時間1月21日、「Watson Health」事業の一部を投資会社Francisco Partnersに売却すると発表した。取引は2022年第2四半期に完了する見通しだ。買収条件は明らかにされていない。

 Francisco Partnersは、Watson Health事業の一部である特定のヘルスケアデータとアナリティクス関連の資産を獲得する。「Health Insights」「MarketScan」「Clinical Development」「Social Program Management」「Micromedex」、画像ソフトウェアサービスなどを含むデータセットや製品が対象となる。

 現在のマネジメントチームが今後も独立した新しい企業で同様の役割を担い、これらの資産を活用する計画だ。ライフサイエンス、プロバイダー、画像関連、保険者(政府や保険会社など)、雇用者、政府系の医療、福祉サービス分野の既存顧客にサービスを提供していく。

 Watson Healthはかつて、IBMの「戦略的インペラティブ」の1つとなっていたが、成長が停滞する側面もあったとみられる。2018年には、Watson Health部門の一部の従業員が解雇されたと報じられた

 2020年にArvind Krishna氏が最高経営責任者(CEO)に就任すると、同氏は人工知能(AI)やクラウドなど、利益率の高い事業にフォーカスする計画を打ち出した

 IBM SoftwareのシニアバイスプレジデントTom Rosamilia氏は、「IBMが当社のプラットフォームベースのハイブリッドクラウドとAIの戦略に一層注力するようになる中、Francisco Partnersとの契約は明確な次のステップとなる」とコメントした。「IBMは今後も、Watson、当社の広範なAI事業、そして顧客やパートナーのために全力で取り組み、われわれはヘルスケアITをサポートする。この取引で、Francisco Partnersは投資の強化やヘルスケア業界にフォーカスしたポートフォリオの専門性からメリットを得られる、データおよびアナリティクス資産を獲得する」(Rosamilia氏)

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]