編集部からのお知らせ
新着の記事まとめ「Emotet」動向
調査

2021年のデータ侵害件数、米国で68%増--過去最高に

Bree Fowler (CNET News) 翻訳校正: 佐藤卓 吉武稔夫 (ガリレオ)

2022-01-25 14:41

 2021年に米国で報告されたデータ侵害の件数が前年比で68%も増加し、過去最高を記録したことが新しい報告書で明らかになった。

鍵のイメージ
調査によると、2021年のデータ侵害の件数は過去最高水準に達していた。
提供:Graphic by Pixabay/Illustration by CNET

 米個人情報窃盗リソースセンター(Identity Theft Resource Center:ITRC)が発表した「2021 Annual Data Breach Report」によれば、2021年に米国で発生したデータ侵害は1862件で、2020年の1108件と前回最高を記録した2017年の1506件をともに上回った。

 この数の多さは、米国最大の石油パイプライン企業を狙ったサイバー攻撃や、数千万人の米国消費者の個人情報を預かっている企業を狙ったハッキングなど、注目を集める事件が2021年に続いたことを反映している。

 また、社会保障番号などの機密情報が盗まれたデータ侵害の割合は83%で、2020年の80%からわずかに増加した。とはいえ、2017年の95%という記録的な数値と比べればまだかなり低い。

 良い情報があるとすれば、データ侵害の影響を受けた人の数が約2億9400万人となり、2020年より5%ほど減少したことだ。ただし、ITRCはこの減少を、サイバー犯罪者が大規模なデータ窃盗からより小規模で的を絞った攻撃に軸足を移したことが原因と分析している。

 また、ランサムウェアにまつわる攻撃がこの2年間にほぼ倍々で増えており、2021年には報告されたすべてのサイバー攻撃の約20%を占めていたと、ITRCは指摘している。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]