編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

IBMの第4四半期決算、予想上回る--ハイブリッドクラウドが好調

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-01-25 12:32

 IBMは米国時間1月24日、2021会計年度第4四半期(12月31日締め)の決算を発表した。予想を上回る業績を達成したことで、株価が時間外取引で上昇した。マネージドインフラサービス事業をKyndrylとして分社化後、初の決算報告となり、ハイブリッドクラウド事業の売上高が2ケタ増を達成したことを強調した。

 売上高は前年同期比6.5%増の167億ドル、非GAAPベースの1株当たり利益は3.35ドルだった。

 アナリストは売上高を159億8000万ドル、1株当たり利益を3.14ドルと予想していた。

 ハイブリッドクラウドの売上高は、前年同期比16%増の62億ドル。通年では、前年比20%増の202億ドルだった。

 最高経営責任者(CEO)のArvind Krishna氏は声明で、「第4四半期はハイブリッドクラウドの導入が、ソフトウェアとコンサルティングの成長を後押しし、売上高の増加につながった」と説明した。「第4四半期の業績は、2022年に1桁台半ばの売上増を維持し、堅調なキャッシュフローを確保するという目標達成に向けて、自信をもたらすものだ」(同氏)

 同社は2021年にマネージドサービス事業を切り離した一方、人工知能(AI)とハイブリッドクラウドへの注力を強化するために、多くの投資を行った。

 シニアバイスプレジデント兼最高財務責任者(CFO)のJames Kavanaugh氏は声明で、「2021年に、研究開発費の増額やエコシステムの拡大、またハイブリッドクラウドとAIの能力を強化するために15社を買収するなど、将来に向けて引き続き投資した」と述べた。

 同社は第4四半期に報告セグメントを変更し、ソフトウェア(ハイブリッドプラットフォーム&ソリューションとトランザクション処理)、コンサルティング(ビジネス変革、テクノロジーコンサルティング、アプリケーション運用)、インフラ(ハイブリッドインフラ、インフラサポート)、ファイナンシング(顧客金融と商業金融)の業績をそれぞれ報告した。

 ソフトウェア事業の売上高は8.2%増の73億ドルだった。同事業に含まれるハイブリッドプラットフォーム&ソリューションは7%増。その内訳は、Red Hat(19%増)、オートメーション(13%増)、データ&AI(1%増)、セキュリティ(2%減)となる。

 また、ソフトウェア事業内のトランザクション処理は11%増、ハイブリッドクラウドの売上高は22%増だった。

 コンサルティング事業の売上高は、前年同期比13.1%増の47億ドル。同事業内では、ビジネス変革が18%増、テクノロジーコンサルティングが14%増、アプリケーション運用が6%。コンサルティング事業のハイブリッドクラウドの売上高は31%増だった。

 インフラ事業の売上高は前年同期比0.2%減の44億ドルだった。同事業内ではハイブリッドインフラが横ばいで、そのうち「IBM Z」が6%減、分散型インフラが5%増だった。

 さらに、インフラサポートが前年同期比1%減。また、インフラ事業のハイブリッドクラウドの売上高は12%減となった。

 ファイナンシング事業は29.4%減の2億ドルだった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]