NVIDIA、Arm買収を断念か--規制当局との交渉難航

SEAN KEANE (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2022-01-26 07:41

 NVIDIAはチップメーカーArmの買収計画について、各国の規制当局から承認を得るのが難しいため断念しようとしていると、Bloombergが米国時間1月25日に報じた。同社は取引先に対して、400億ドル(約4兆5500億円)規模のこの買収が完了するとは考えていないと語ったという。

NVIDIA
提供:James Martin/CNET

 Bloombergによると、両社は規制当局との交渉を続けており、最終的な決定はまだ下されていないという。

 Armを傘下に収めるソフトバンクグループは2020年9月、ArmをNVIDIAに売却することに合意した。半導体業界で最大規模となる400億ドルの買収に対し、米連邦取引委員会(FTC)は、競争を阻害する恐れがあるとして阻止を求め提訴した。また英政府がこの買収に対する調査を開始したことも報じられていた。

 ソフトバンクの広報担当者は25日、米CNET宛ての電子メールで、「本買収計画が承認されることを今でも期待している」とコメントした。

 Armは、QualcommやIntelなどの大手チップ企業ほど名前が知られているわけではないが、Armの設計が採用されたプロセッサーは、世界中の多くのスマートフォンに搭載されている。Armは、Apple、サムスン、Qualcommなどの企業にチップ設計や関連技術をライセンス供与しているためだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 経営

    ヒヤリハット管理--トラブル防止のデジタル化でもたらされるメリットとは?具体的なイメージを紹介

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]