グーグル、インドの通信大手Bharti Airtelに最大10億ドル投資へ

Aimee Chanthadavong  (ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2022-01-31 08:18

 インドの通信大手Bharti Airtelは、Googleが同社に最大10億ドル(約1100億円)を投資すると発表した。「Google for India Digitization Fund」の一環となる。

 Googleは7億ドル(約800億円)でBharti Airtelの株式1.28%を取得する。また、Airtelのデジタルサービス強化に向けた複数年に及ぶ可能性のある商業契約に最大3億ドル(約350億円)を投じる。

 Airtelによると、両社は最初の商業契約の一環として、革新的で手頃なプログラムを通じた、コンシューマー向けのさまざまな「Android」対応デバイスを対象とするAirtelの広範なサービスで連携する。また、さまざまなデバイスメーカーと協力し、スマートフォンを所有することの障壁を取り除くことができるよう模索する。

 さらに両社は、5Gやその他の規格を対象とした、インド固有のネットワークドメインのユースケースを共同で構築する可能性を検討する。また、インドでクラウドエコシステムを拡大し、地元企業がデジタルトランスフォーメーションを加速させるほか、Googleのネットワーク仮想化ソリューションの導入を拡大することを検討する計画だ。

 Bharti AirtelのチェアマンであるSunil Bharti Mittal氏は、「AirtelとGoogleは、革新的な製品によってインドのデジタルディビデント(デジタル化がもたらす恩恵)を拡大するというビジョンを共有している。将来に備えたわれわれのネットワーク、デジタルプラットフォーム、ラストマイル配送、決済エコシステムで、Googleと密接に協力し、インドのデジタルエコシステムの深みと広がりを拡大させることに期待している」とコメントしている。

 AlphabetとGoogleの最高経営責任者(CEO)Sundar Pichai氏は、「Airtelはインドのデジタルな未来を形作る有数のパイオニアだ。接続性を拡大し、より多くのインドの人々にインターネットへの公平なアクセスを保証するという共通のビジョンの下、パートナーシップを組むことを誇りに思う」と述べている。

 「Airtelに対する当社の商業的な投資と株式投資は、スマートフォンへのアクセスを拡大し、接続性を高めて新しいビジネスモデルをサポートし、企業のデジタル変革を支援するための、Google for India Digitization Fundの取り組みの延長線上にある」(Pichai氏)

 両社はこれまでにも長期にわたって協力関係を築いてきた。

 また、Googleは2020年、インドのデジタル化に向け、5~7年で100億ドル(約1兆1500億円)を投資する計画を発表している。Google For India Digitization Fundプロジェクトを通じて、インドで企業と提携するほか、インフラ、業務、エコシステム、起業に関連する分野でも投資を行うことになるとしていた。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]