編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」
海外コメンタリー

困難伴うITプロジェクト、失敗を避けるための4つのアプローチ

Mark Samuels (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2022-02-08 06:30

 デジタルトランスフォーメーションに対する要求は高まり続けており、ITリーダーは、パートナーやタイムライン、要件が異なる複数のプロジェクトを同時に管理しているが、こうした要求を管理していくのは簡単ではない。何か問題が起きる可能性がある場合や、実際に問題が起きてしまった場合はなおさらだ。

 業界専門家によれば、多くのプロジェクトは、最善を尽くしても失敗に終わっているという。またITを専門とする調査会社であるGartnerは、よくある失敗の原因として、非現実的な目標、実績のないチーム、説明責任の欠如を挙げている。

 では、実際に問題が起こったときには、どのように介入すればいいのだろうか。ここでは、4人のITリーダーに、問題を回避し、プロジェクトを順調に進めるためのベストプラクティスについて聞いた。

1.責任の押し付け合いをやめる

 ジョージ・ベスト・ベルファスト・シティ空港のIT担当ディレクターを務めるBrian Roche氏は、想定外のことが起きた時には、正直さ、誠実さ、他人を責めない組織文化が重要になると述べている。

 「何か問題があるのであれば、何か間違いが起きたということだ。すでに間違いは起きてしまっているのだから、そのプロセスを止めることはできない。重要なのは、チームとして協力して問題を解決し、すべてが順調な状態に戻すことだ」と同氏は言う。

 ITリーダーは幅広い分野のさまざまなパートナーと連携しているが、問題が起きると、誰かの責任を追求したがる人たちが現れる。そしてそれは多くの場合、ある組織の失敗が、別の組織の経済的な損失につながる場合があるためだという。しかしRoche氏は、そのやり方は間違ったアプローチだと主張している。

 「私にとって一番大事なのは、組織内や組織外の顧客であり、彼らが必要としているサービスを確実に提供することだ。責任の押し付け合いをしていても仕方がない。対応が終わったら原因分析は行うが、私は、『あれは君のせいだ』と人を責めるタイプの人間ではない」と同氏は言う。

 Roche氏は、ITマネージャーは、自分たちが行った原因分析から学ぶ必要があると述べている。その後、その情報を使って業務プロセスや技術を継続的に改善し、再び間違いが起こらないように努めるべきだという。

 「真実を隠すことはできないし、隠すことに意味があるとも思わない。なぜなら、それは信頼を損なうからだ。そして、経営陣と取締役会、あるいはエンジニアチームとマネージャーの間の信頼が損なわれることは、誰のためにもならない」

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  2. 経営

    迫られる改正電子帳簿保存法対応--中小・中堅企業に最適な簡単&現実的な運用方法とは

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. 運用管理

    5G時代におけるクラウドサービスの問題点、通信の最適化・高速化を実現する「MEC」の活用事例を紹介

  5. コミュニケーション

    情報が見つからない&更新が進まないFAQページは絶対NG!効果的なFAQを作成・運用するために

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]