Google Cloudの売上高は45%増--Alphabet第4四半期決算

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-02-02 12:08

 Googleの親会社Alphabetは米国時間2月1日、予想を上回る第4四半期決算(10~12月期)を発表した。広範な広告収入や消費者の活発なオンラインアクティビティ、Google Cloudの継続的な増収が好調な決算に寄与した。

 Googleの広告事業の売上高は前年同期比33%増の612億4000万ドルだった。Googleの広告事業はクラウド事業の拡大を支えている。Google Cloudの売上高は前年同期比45%増の55億4000万ドルだった。

 Alphabetの総売上高は前年同期比32%増の753億3000万ドル、純利益は206億4000万ドル、希薄化後の1株あたり利益は30.69ドルだった。

 アナリストは売上高721億3000万ドル、1株あたり利益27.32ドルと予想していた。

 AlphabetとGoogleの最高経営責任者(CEO)Sundar Pichai氏は、「当社が人工知能(AI)テクノロジーに多額の投資をすることで、われわれの最も重要な製品全体で、人々と企業に驚くほど有益な体験をもたらし続けている」とコメントした。「第4四半期は、広告事業で堅実な成長を維持し、数多くの企業の成長や新規顧客の開拓を後押しした。サプライチェーンの制約があったにもかかわらず、『Pixel』スマートフォンは記録的な四半期販売を達成し、クラウド事業も引き続き堅実に成長している」(Pichai氏)

 広告事業を含むGoogleのサービスの売上高は694億ドルだった。「Google検索」とその他の広告(YouTube広告を除く)は433億ドル、YouTube広告は86億3000万ドルに増加した。

 Googleのサービスの営業利益は259億9000万ドルだった。Google Cloudは8億9000万ドルの営業損失を計上した。前年同期の12億4000万ドルから改善している。

 Pichai氏は1日の電話会議で、2021年通期では「Google Cloud Platform」(GCP)の総契約数が80%以上増加し、10億ドルを超える契約数は65%以上増加したと述べた。

 Alphabetの「Other Bets」部門は、売上高が1億8100万ドル、営業損失が14億5000万ドルだった。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]