ファイントゥデイ資生堂、データ駆動型の経営基盤にクラウドERPを活用

NO BUDGET

2022-02-03 09:21

 ファイントゥデイ資生堂は、研究開発やサプライチェーン(供給網)、会計などグローバルに統合されたデータドリブンな経営基盤を構築する目的で、「Oracle Fusion Cloud Enterprise Resource Planning(ERP)」を導入した。加えて、「Oracle Fusion Cloud Supply Chain & Manufacturing(SCM)」製品群の調達、受注、製品ライフサイクル管理、イノベーションマネジメントや「Oracle Fusion Cloud Enterprise Performance Management(EPM)」を採用している。日本オラクルが2月1日に発表した。

 ファイントゥデイ資生堂は、ヘアケアブランドの「TSUBAKI」や「フィーノ」、メンズヘア&スキンケアブランド「ウーノ」などパーソナルケア製品事業を資生堂から引き継ぎ、2021年7月に事業活動を開始している。

 同社のマーケティング・販売事業は国内に加え、中国や広範なアジア市場でも展開している。事業拡大を図る上で、エンドツーエンドの業務領域を網羅でき、データドリブンな分析によりブランドおよびエリア戦略を迅速に実行できる経営基盤の構築が必要と判断し、今回の導入に至った。同社の企業データやプロセスをゼロから「Oracle Fusion Cloud Applications」で構築する。

 今回の導入により、中国、日本などの地域別、ブランド別におけるチャネルごとの販売予実など多様な軸で分析が可能になる。また、クラウド上であらゆる業務領域をデータで連携できるため、部門間にまたがる業務の自動化・効率化を実現できる。

 同社は、これらの機能だけでなく、Oracle Fusion Cloud Applicationsの標準のビジネスプロセスである「Modern Best Practice」を活用することで、グローバルなビジネス要件にも対応でき、業務標準化が行える点なども評価している。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]