編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

城南信用金庫、個人客や事業先向けのアプリ開発へ--日本IBMが支援

NO BUDGET

2022-02-04 15:22

 城南信用金庫は、顧客に寄り添ったデジタルトランスフォーメーション(DX)に向けた取り組みの一環として、世代を問わず親しみやすい顧客体験を提供する「城南バンキングアプリ(仮)」の開発を開始した。開発パートナーの日本IBMが発表した。

 同アプリは、2023年1月から提供する予定。まず個人と事業先向けに、通帳/証書/郵送レスにつながる参照系のサービスや、普通預金の新規口座開設、諸届受付(個人のみ)を提供する。さらに、個人向けに融資申込や定期預金、定期積金の作成・解約、振り込み、振替などの更新系サービスも順次提供する計画。城南信用金庫が行うキャンペーンの紹介やセミナーの申し込みなど、地域の人々とのコミュニケーションツールとしての機能も備えたオールインワンアプリを目指す。

 同アプリは、通帳と預金残高を表示してページをめくると入出金明細が見えるなど、「デジタルと、慣れ親しんだ紙通帳というアナログの安心感を融合した新しい顧客体験(UX)」をコンセプトにしている。日本IBMのiX(インタラクティブエクスペリエンス)部門のデザイナーと、金融業界の知見を持ち、顧客のDXを支援してきたコンサルタントが参画して開発する。さらに、従来紙ベースで行っていた金融機関特有の事務プロセスを変革し、データを包括的に活用したデジタルワークフローによってDXの実現を目指す。

 IBM Cloud上に構築された金融サービス向け基盤「デジタルサービス・プラットフォーム」(DSP)を採用することで、これまで金庫の職員が専用端末で入力して行っていた勘定系システムの処理をアプリケーションプログラミングインターフェース(API)基盤経由で自動化し、職員のオペレーションレスを可能にする。

 業務アプリケーションには、マイクロサービスによる共通利用が可能なアーキテクチャーを採用する。そのため将来的には、バンキングアプリに加えて、営業店や渉外担当者の外訪業務といった他チャネルの効率化にもつなげていく予定。クラウドで稼動させる非対面チャネルアプリケーションで事務プロセスのDXを図る取り組みは業界初だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]