編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「ランサムウェア」
注目の記事まとめPDF「Chrome OS」

IIJ、エッジコンピューティング環境を体感できるショーケース開設

NO BUDGET

2022-02-04 15:23

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は、白井ワイヤレスキャンパス(千葉県白井市)に、モバイル、クラウド、マイクロデータセンター(MDC)など、同社の各種サービスを組み合わせたエッジコンピューティング環境を体感できるショーケースを新設した。3月15日から公開する。

 白井ワイヤレスキャンパスは、最新の無線通信技術を体感できる実験施設として2020年11月から運用されている。エッジコンピューティングとはIoT機器などのエッジデバイスそのものや、その近くに設置したサーバーでデータ処理/分析を行う分散コンピューティングの概念。

 ショーケースの内容には、エッジとクラウドでの映像解析比較や無線サービスの違いによる無人搬送車(AGV)の走行、MDCの自動オペレーションなどがある。

 エッジとクラウドでの映像解析比較では、防犯のユースケースとしてデータセンター(DC)の来訪者を検知するデモを紹介する。撮影した映像データを、DC内に設置したエッジ機器とクラウド上のIIJ IoTプラットフォームそれぞれで解析し、解析結果を比較する。これにより、エッジ機器がクラウドと比較してリアルタイムに来訪者を検知することを体感できるという。

 AGVの走行は物品搬送の無人化のユースケースとして紹介される。ローカル5G(特定エリアで使用する第5世代移動体通信システム)とWi-Fiなど他の無線サービスを比較しながら、エッジコンピューティングでAGVの走行制御を行い、クラウド上でデータの可視化と一元管理を行う分散処理のデモを紹介する。

 MDCの自動オペレーションでは、遠隔地や通信環境が整っていない状況での自動オペレーション/監視のデモを紹介する。白井データセンターキャンパスを遠隔地と見立て、同施設内に設置しているMDCでラック内のLEDランプや温度などを監視し、異常検知後にMDC内で自動オペレーションを実施するデモを紹介する。通信環境が整っていない地域でも、MDCをエッジコンピューティング基盤として活用し、従来のDCやクラウドと同じ機能や品質で運用できることを体感することが可能だという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]