編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF
調査で読み解くマルチクラウド化の現状と課題

いまだ複雑なクラウドに対するセキュリティの意識

花尾和成 (HashiCorp)

2022-02-15 06:00

 現在、世界のさまざまな業界、規模の企業がマルチクラウドの利用を進めています。本連載は、HashiCorpが実施した調査を結果まとめた、「クラウド戦略実態レポート(State of Cloud Strategy Survey)」から、企業のクラウド活用状況や今後の利用方針、課題点、クラウドの成功に関連する主要なテクノロジーなど、さまざまな洞察を解説していきます。第4回は、クラウド活用におけるセキュリティの問題を取り上げます。

クラウド推進を阻害する2番目の要因

 クラウド採用が進む中で、多くの阻害要因が存在します。本調査によると、最大の懸念は「コスト」(61%)でしたが、それに次いで多かったのが「セキュリティ」(47%)でした。ただし、地域や企業規模、業界などによって違いがあることも明らかになっています。ここでは、調査結果の中から、5つの主要なセキュリティ調査について説明します。

 業界別に見ると、セキュリティへの懸念がとても高いのは、金融サービス業界とヘルスケア・バイオテクノロジー業界でした。前者の約59%、後者の約52%が、セキュリティを懸念事項のトップ3に挙げていました。一方で、エンターテイメント・メディア業界(約39%)、ソフトウェアおよびサービス業界(約41%)は低い割合でした。

 地域別では、アジア・太平洋地域が52%で最も多く、欧州・中東・アフリカは39%と最も低い割合です。企業規模では、大企業(従業員5000人以上)が55%であるのに対し、中小企業(従業員100人以下)は38%にとどまっています。役割別では、ビジネス意思決定者が40%であり、実務者(47%)や技術意思決定者(46%)よりも低い結果でした。

マルチクラウドを推進する要素にも

 しかし、クラウドにおけるコスト計算が複雑であるように、回答者にとってセキュリティは、クラウドの懸念事項である一方、クラウドの利点にもなり得ます。マルチクラウドの導入を推進するビジネスとテクノロジーの要因に関する質問では、16%の回答者が、「セキュリティ」と「ガバナンス」をトップ3に挙げました。

 公共部門(19%)と金融サービス業界(18%)では、予想通りにクラウドセキュリティがより重要な推進要因となっていました。地域的に大きな違いがあったのは中南米で、マルチクラウドの推進要因にセキュリティを挙げたのは、わずか11%でした。

 セキュリティは、単独のソリューションでカバーできるものではありません。あるソリューションエンジニアによると、「主なものは、セキュリティ上の懸念、プライバシー、データの規制管理、そしてそれにまつわる全てのコストです」と述べています。しかし、別のセキュリティエンジニアは、「クラウドサービスは、よりきめ細かいセキュリティコントロールを可能にします」と指摘しています。

最大の懸念事項は「データ・プライバシーの保護」

 セキュリティの概念にはさまざまなものがありますが、実務担当者や意思決定者に懸念点を聞くと、広く回答が分かれました。上位から「データ・プライバシー保護」(40%)、「データの盗難」(33%)、「企業コンプライアンス」(31%)、「ソフトウェアの脆弱性」(28%)、「脅威の検知と修復」(26%)、「パスワードや機密の漏えい」(25%)といった具合です。

クラウドセキュリティにおける懸念(3つを回答)
クラウドセキュリティにおける懸念(3つを回答)

 これらのセキュリティ上の脅威を認識していながら、その対策を阻害している要因は何でしょう。セキュリティに関して最も一般的な課題は、スタッフとスキルの問題であり、回答者の4分の1以上(26%)がこれを挙げました。

 注目すべきことは、回答者の半数以上(57%)が、「適切なスキルの不足」をマルチクラウド全体の運用に関する課題のトップ3として挙げている点です。回答者の約18%が、「商用セキュリティツールをサービスとして利用している、または利用する予定である」と回答しているのは、このためと考えられます。

クラウドへの取り組みにおけるセキュリティの最重要課題
クラウドへの取り組みにおけるセキュリティの最重要課題

 興味深いことに、セキュリティに関して金銭的なコストを懸念する回答者はわずか3%でした。おそらく、セキュリティは非常に重要と考えられており、セキュリティの問題が確認されると、その対処のために予算を割り当てることが一般的になっているからでしょう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]