編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」

IBMとSAP、クラウド移行支援で連携強化--「RISE with SAP」ベースに

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-02-14 12:00

 SAPは2021年、ミッションクリティカルな「SAP」ワークロードのクラウドへの移行を支援する「RISE with SAP」プログラムをサブスクリプションで提供開始している。そして先週、SAPはこのサービスの「プレミアムサプライヤー」オプションをIBMとともに提供すると発表した。

 IBMは、このプログラムの一環としてのインフラやビジネス変革、アプリケーション管理のサービスを提供する初のクラウドプロバイダーとなる。

 また、「BREAKTHROUGH with IBM for RISE with SAP」という新たなプログラムで、「SAP S/4HANA Cloud」への移行を支援するアドバイザリーサービスやクラウド実装、アプリケーション管理、技術的マネージドサービスといった、サービスのポートフォリオを提供する。

 IBM ConsultingのシニアバイスプレジデントJohn Granger氏は、「われわれ共通のコミットメントは顧客、特に規制が厳しい業界でデジタルジャーニーに取り組んでいる顧客に対し、ミッションクリティカルなワークロードをハイブリッドクラウドアプローチで移行、あるいはモダナイズするという選択肢を提供しつつ、そのニーズに応じることだ」とコメントしている。

 IBMとSAPはこれまでにもパートナーシップを組んでおり、ハイブリッドクラウド環境を利用した事業のデジタル化で多くの企業を支援してきた。ハイブリッドクラウドはIBMにとって成長戦略の重要な要素となっている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]