編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF
調査

リモートワーカーの67%、オンラインセキュリティやプライバシーに懸念---エフセキュア調査

NO BUDGET

2022-02-15 11:13

 エフセキュアは、日本を含む9カ国で実施したリモートワークに関する調査結果を発表した。

 これによると、自宅からリモートワークを行っている人々の67%が、実際には何も問題がない状態であってもオンライン上のセキュリティやプライバシーについて懸念を持つことが多くなったと回答していることが分かった。これはオフィス勤務者の58%と比較して高い数値となっている。

図1

 この調査は、2021年6月に日本、ブラジル、フランス、ドイツ、メキシコ、オランダ、スウェーデン、英国、米国の9カ国で各国800人(合計7200人)を対象にオンラインで実施された。

図2

 そのほかの結果として、リモートワーカーの65%は「インターネットがより危険な場所になってきていると感じ、インターネット利用の習慣を変えた」と回答しており、これに対してオフィス勤務者は54%だった。

 また「最近数カ月でデータのプライバシーに関する懸念が高まり、インターネット利用における習慣を変えた」としたのはリモートワーカーの65%、オフィス勤務者の54%で、「ネット接続している自分のデバイスが、ウィルスやマルウェアに感染したり、ハッキングされたりしないか不安」としたのはリモートワーカーの71%、オフィス勤務者の64%だった。

 さらに、「セキュリティ上のリスクを考えると、公共のWi-Fiに接続することにより強い抵抗を感じるようになった」としたのはリモートワーカーの70%、オフィス勤務者の63%だった。

 エフセキュアはこれらの結果に対し、リモートワーク中のセキュリティ管理には、データやデバイスを保護する技術的なセキュリティ対策だけでなく、個人の生活と仕事を切り分ける取り組みも必要だとしている。自宅で仕事をする際に、自分自身とプライバシーを守るためにできることは、デバイスとソフトウェアを常に最新の状態にアップデートしておくこと、個人のデバイスにセキュリティソフトウェアがインストールされていることを確認すること、そしてその他の基本的な情報セキュリティ対策を実施することだとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]