ビズリーチ、クラウド勤怠管理システム「HRMOS勤怠」を提供

河部恭紀 (編集部)

2022-02-15 13:42

Visionalグループのビズリーチは2月14日、人材活用基盤「HRMOS」シリーズにおいて、無料のクラウド勤怠管理システム「HRMOS勤怠」を提供すると発表した。

 HRMOS勤怠は、打刻機能・勤怠管理レポートなどを無料で利用できるクラウド型の勤怠管理システム。中小企業における勤怠管理業務は、手書きの出勤簿やタイムカード、「Excel」などの表計算ソフトで管理されているケースが多いという。企業は、HRMOS勤怠を導入することで、勤怠管理業務の負荷を軽減するだけでなく、勤怠データを可視化し、組織や従業員の働く時間の把握や分析が可能になる。

HRMOS 勤怠における勤怠レポート画面イメージ
HRMOS 勤怠における勤怠レポート画面イメージ

 HRMOSシリーズでは、採用管理、従業員データベース、目標・評価管理、組織診断サーベイ、1on1支援機能などを提供している。同シリーズにHRMOS勤怠が加わることで、企業は、勤怠データと個々人のパフォーマンスを組み合わせた分析による「生産性」の把握や、勤怠データと従業員サーベイ結果の分析による「従業員の健康状態・離職要因」などの把握が可能となる。

HRMOSシリーズで可視化される人事データ
HRMOSシリーズで可視化される人事データ

 これにより、人事データに基づいた人材活用ができるだけではなく、政府が推進する「人的資本経営」に必要な、人事データの可視化・分析につなげることができるとビズリーチは説明する。

 人的資本経営とは、人材を「資本」として捉え、その価値を最大限に引き出すことで、中長期的な企業価値向上につなげる経営の在り方。政府は、日本企業の競争力の底上げのために、今夏をめどに「人的資本」の情報開示指針をつくることや、将来は上場企業を中心に有価証券報告書への記載を義務付けることを視野に入れているという。

 HRMOS勤怠は、2021年11月にグループに加わったIEYASUが運営するクラウド勤怠管理システム「IEYASU勤怠」をリニューアルして提供したもの。

 無料版のHRMOS勤怠は、アプリケーションプログラミングインターフェース(API)利用や勤怠アラート機能などの一部制限があるが、打刻・勤怠管理レポートなどの基本機能は利用可能だという。全ての機能が利用できる有料版は、1社当たり月額3800円から。HRMOSシリーズの導入にかかわらず、HRMOS勤怠のみを単体で利用することも可能だという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]