グーグル、古いPCを無料でよみがえらせる「Chrome OS Flex」を発表

Joshua Goldman (CNET News) 翻訳校正: 湯本牧子 高森郁哉 (ガリレオ)

2022-02-16 11:52

 Googleは米国時間2月15日、古い「Windows」PCなどを「Chrome OS」搭載マシンとしてよみがえらせることができる「Chrome OS Flex」を発表し、試用や検証のための早期バージョンを提供開始した。このOSは、Googleが2020年12月に買収したNeverwareのOS「CloudReady」を再構築して、さらに強化したものだ。

CloudReady
提供:Sarah Tew/CNET

 CloudReadyは主に企業や教育機関向けに開発されたが、個人向けの無料版もあった。Windowsまたは「macOS」の負荷に対応しきれないコンピューターに、新たな命を吹き込むのにうってつけだ。

 CloudReadyはChrome OSが備える価値の多くを提供していたが、操作感で及ばず、一部の重要な機能も欠けたままだった。Chrome OS Flexはそうした足りなかった要素の多くを埋めており、その代表格がブラウザーだ。

 Chrome OS Flexの製品マネージャーForrest Smith氏は、「最大の違いは、正式な『Chrome』ブラウザーが組み込まれることだ」と説明している。ジオロケーションなどの機能は、CloudReadyの「Chromium」ベースのブラウザーでは動作に違いがあったが、Chrome OS Flexでは、「Chromebook」のChromeブラウザーと同じように処理される。また、「Googleファミリーリンク」アカウントのサポートが追加されたことも重要な違いだ。

 「パンデミック中に耳にしたことの中で、われわれが本当に解決したかったことがファミリーリンクアカウントのサポートだ」とSmith氏は述べた。またChrome OS Flexによって、PCやMacをより低学年向けのChrome OSデバイスに変換することが可能になり、学生のアカウントを管理できるようになる。

 Chrome OS Flexに導入されるChromebookの他の機能として、「スマートフォンハブ」がある。これは「Android」搭載スマートフォンを同期する機能で、最近スマートフォンで閲覧したタブを表示したり、バッテリー残量と無線接続の強度を確認したり、チャットアプリから通知を受け取ったりできる。「Googleアシスタント」もサポートされる。

 Chrome OS Flexの安定版は今後数カ月のうちにリリース予定だ。CloudReadyを使用しているデバイスは無料でChrome OS Flexにアップデートされるという。それまでは早期版をダウンロードできる。ただしGoogleは、これを継続的に改善していくものの、バグが含まれる可能性があると警告している。

Chrome OS Flex

提供:Google

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

自社にとって最大のセキュリティ脅威は何ですか

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]