編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

IBMから分社化したキンドリル、AWSと戦略的契約--クラウド導入を加速へ

Jonathan Greig (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 吉武稔夫 (ガリレオ)

2022-02-24 14:21

 IBMから分社化したマネージドインフラサービスのKyndrylは米国時間2月23日、Amazon Web Services(AWS)との新たな戦略的提携を発表した。両社それぞれの専門性やスキル、グローバルなリソースを合わせて提供し、業界にフォーカスしたエンタープライズクラウドサービスやソリューションで顧客のビジネス変革を支援するほか、Kyndrylが世界に擁する主要な顧客がクラウドで独自のインフラを構築できるようにするとしている。

 Kyndrylはグローバルなパートナーシップの一環として、「AWS Cloud Center of Excellence(CCOE)」を立ち上げ、「ミッションクリティカルなインフラや次世代技術をサポートし、業界全体でアプリケーションとワークフローをモダナイズするための、最先端の顧客向けソリューションとサービスを提供する」という。

 Kyndrylの最高経営責任者(CEO)Martin Schroeter氏は、「当社は、AWSのクラウドサービスとKyndrylによる業界特化型のマネージドサービスと専門知識を組み合わせるメリットを自由に探求し、最大限に引き出せることで、かつてないレベルの知識を提供し、イノベーションを実現する」とコメントしている。

 Kyndrylは11月にIBMから分社化し、これまでにMicrosoft CloudSAP、VMWareとパートナーシップを築いている。

 IBMは2020年10月にマネージドインフラサービス部門を新たな株式公開企業としてスピンオフすると発表した。運用モデルを効率化し、シェアードサービスを統合するとともに、クラウドのほか、人工知能(AI)、Red Hatを含むハイブリッドクラウドビジネスなどの新たな市場に注力できるようになるとしていた。

 AWSとKyndrylは、「VMware Cloud on AWS」のアクセラレーターを開発していることも明らかにした。

 VMwareのCEOであるRaghu Raghuram氏は、「VMware、AWS、そしてKyndrylは顧客へのフォーカス、テクノロジーのイノベーション、業界のリーダーシップなどのユニークな組み合わせを共同で提供し、顧客のアプリケーションのモダナイゼーションとクラウドのイニシアチブを加速させる」とコメントしている。

 「AWSは、『vSphere』のワークロードに対応するVMwareの推奨パブリッククラウドプロバイダーだ。そして、KyndrylとVMwareは20年以上におよぶ協働に基づいたパートナーシップを築いている。われわれの会社はともに、顧客が複雑なクラウドジャーニーを順調に進め、企業のコントロールを維持しながら、さらなるデジタルイノベーションにつなげられるよう支援していく」(Raghuram氏)

 AWSのCEOであるAdam Selipsky氏は、両社はさらなるAWS認定プラクティショナーの教育や、共同ソリューションの開発に取り組んでいると述べている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]