NTT東日本、ローカル5Gサービスを発表--最低料金は月額30万円台

ZDNet Japan Staff

2022-03-02 12:12

 NTT東日本は3月1日、法人向けのローカル5G(自営型第5世代移動体通信システム)サービス「ギガらく5G」の提供を5月に開始すると発表した。最低料金が従来の約5分の1という月額30万6900円を設定し、低価格を特徴付ける。

 ローカル5Gは、携帯電話会社などが全国的に提供する5Gサービスとは異なり、一般企業や組織などが事業拠点の敷地内などで運用する5Gの通信システム。原則として通信に必要な免許を総務省から取得したり、通信設備などを自前で調達したりする必要があり、運用費だけでも月額数百万円ほどかかるという。

 新サービスは、NTT東日本が法人顧客に代わり、ローカル5Gに必要な通信設備一式の調達とその構築・運用、免許の申請・取得を全て代行する。通信設備は、「5G SA(スタンドアロン)」と呼ばれる5G専用のもので、4Gなど従来型の通信方式を併用しないことから、高速・大容量・低遅延の5Gの通信メリットを得られるとする。

 ローカル5Gは、例えば、製造工場内で多数の機器を遠隔制御したり、生産関連の膨大な量のデータを管理システムへ高速転送したりするなど、さまざまな産業領域での利用が見込まれている。ただし、現状では通信設備の運営ノウハウなどを持つ企業や組織が非常に限られるため、固定網などの通信事業者や通信機器メーカーなどが、ローカル5Gの代行サービスを提供するケースが増えている。

 ギガらく5Gの提供範囲は全国だが、ローカル5Gの通信設備から先に接続する通信網として同社とNTT西日本の「フレッツ 光ネクスト」などが必要になる。

サービスイメージ
サービスイメージ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]