編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

日本郵政、社内外との情報共有基盤としてBoxを採用

NO BUDGET

2022-03-03 09:58

 日本郵政は、セキュリティ強化と今後の社内外との情報共有の基盤としてクラウドストレージ「Box」を採用した。Box Japanが3月1日に発表した。

 日本郵政では、社外からのメールに添付されたパスワード付き圧縮ファイル(通称PPAP)への対策としてBoxを活用する。メールに添付されたファイルをいったんクラウド上で検疫をかけてBoxに保管し、安全に受信できるようにする。これによって増え続ける標的型攻撃メールに対抗する。

 また、クラウドストレージを利用することで、既存ファイルサーバーの容量不足を解消する狙いもある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]