編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

ドコモやインテル、レノボが「Connected Modern PC」で協業

阿久津良和

2022-03-11 13:23

 NTTドコモ、インテル、レノボ・ジャパンの3社は3月10日、LTEと5Gに対応する「Connected Modern PC」(CMPC)分野における協業の開始を発表した。3社はコロナ禍におけるハイブリッドワークの推進と安全なネットワーク環境の需要増に対応するため、「CMPC活用ホワイトペーパー」(PDF)の公開など各種活動を通じて、CMPC市場の拡大に努める。

NTTドコモ 法人ビジネス本部 DXソリューション部長 町田直氏
NTTドコモ 法人ビジネス本部 DXソリューション部長 町田直氏

 NTTドコモ 法人ビジネス本部 DXソリューション部長 町田直氏は「ハイブリッドワーク時のCMPCに発生した技術的課題やオンライン会議ツール使用時のデータ使用量といった顧客の不安をホワイトペーパーで解消したい」と説明した。

使い方の自由度が高まった

インテル 執行役員常務 第二技術本部 本部長 土岐英秋氏
インテル 執行役員常務 第二技術本部 本部長 土岐英秋氏

 インテル 執行役員常務 第二技術本部 本部長 土岐英秋氏はCMPCについて「デスクトップPCからノートPCあるいは2-in-1 PCと呼ばれる形状に(フォームファクターが)変化し、ネットワークも有線LANから無線LAN、広域データ通信へと変化することで、使い方の自由度が高まった」PCだと定義する。

 2021年第4四半期におけるIDCの「Worldwide Quarterly Personal Computing Device Tracker」によれば、CMP市場は大企業が44%、中堅中小企業が39%と企業が大半を占め、WWAN(通信キャリアを通じたネットワーク接続)機能の搭載比率も増加傾向にある。2021年第1四半期の同調査結果を見ると、CMPC地域別販売率は欧州中東アフリカ地域(EMEA)が68%と圧倒的。米国は16%、日本も7%と奮わない。

 だが、インテルの土岐氏は「(EMEAを除いた各国市場も)EMEAと同じ成長を見せる。(CMPC市場は)潜在能力を秘めたプラットフォーム」だとの認識を説明した。

 さかのぼること2021年4月20日にNTTドコモとインテルは、CMPC市場における連携協定を結んでおり、今回レノボが新たに加わった形だ。インテルが基盤となるプロセッサー類、NTTドコモが通信基盤やネットワークセキュリティ、レノボがハードウェアの開発と販売に携わることで、市場拡大やハイブリッドワーク需要増に対応する。

 レノボは2007年に3G WWANを内蔵した「ThinkPad」を発表し、2015年にはLTE(4G)対応モデル、2020年は5G対応モデルを用意してきた。現在、WWANモジュール内蔵可能なモデルは21機種におよぶ。

レノボ・ジャパン 執行役員 副社長 安田稔氏
レノボ・ジャパン 執行役員 副社長 安田稔氏

 レノボ 執行役員 副社長 安田稔氏は「1992年に大和研究所で産声を上げてから、『オフィスから仕事を解放する』を旗印に開発を進めてきた」と解説。今回の3社提携についてレノボの安田氏は「『CMPCの情報発信』『CMPCとモダンITの統合体験』『技術情報の連携』の3つに取り組みたい」と意気込みを語った。

 CMPCを普及させるためにインテルの安田氏は、「Eコア(Efficientコア)」と呼ばれる高効率コアの第12世代Intel Coreプロセッサーを搭載させることで「生産性向上と従業員のパッションを引き出せる」と主張。NTTドコモは、中継区間の冗長化や閉域接続のサービス品質を保証する「ドコモの固定VPNサービス」やリモートキッティングを組み合わせたサービス群を提供する予定だ。

 3社はウェビナー「5Gで広がる働き方DXの推進と展望について」の開催を4月12日に予定している。

ホワイトペーパーの内容 ホワイトペーパーの内容
※クリックすると拡大画像が見られます

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]