編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」
松岡功の一言もの申す

AWSの新たな「ユーザー視点のパートナー施策」は奏功するか

松岡功

2022-03-17 10:45

 Amazon Web Services(AWS)がパートナー施策をユーザー視点に基づいて刷新した。ポイントはユーザーから見たパートナーの分類を「企業別」でなく「製品・サービス別」にしたことだ。日本でも本格的な取り組みが始まった新施策は、果たして奏功するか。

日本のIT業界になかった発想のパートナー施策とは

 
写真1:筆者の取材に応じるAWSジャパン 執行役員パートナーアライアンス統括本部長の渡邉宗行氏
写真1:筆者の取材に応じるAWSジャパン 執行役員パートナーアライアンス統括本部長の渡邉宗行氏

 「これまで日本のIT業界にはなかった発想のパートナー施策にチャレンジしていきたい」

 AWSの日本法人であるアマゾン ウェブ サービス ジャパン(以下、AWSジャパン) 執行役員パートナーアライアンス統括本部長の渡邉宗行氏は、同社が3月16、17日にオンラインで開催しているパートナー企業向けの年次イベント「AWS Partner Summit Japan 2022」の初日の基調講演後に応じた筆者のインタビュー取材でこう強調した(写真1)。

 渡邉氏は同イベントの基調講演で、AWSが2021年11月末に米国で開催した年次イベント「re:Invent 2021」で発表した新たなパートナー施策「AWS Partner Paths」(以下、AWSパートナーパス)を日本でも本格的に推進していくことを表明した(写真2)。

写真2:AWSパートナーパスを紹介する渡邉氏(出典:「AWS Partner Summit Japan 2022」の基調講演)
写真2:AWSパートナーパスを紹介する渡邉氏(出典:「AWS Partner Summit Japan 2022」の基調講演)

 AWSパートナーパスは、パートナーが顧客に提供する「オファリング」に基づいて、AWSとの連携を加速するためのパートナー施策の新たな仕組みを指す。これまで同社のパートナー施策はパートナーを「テクノロジー」と「コンサルティング」の2分野に大別していただけだったが、これをオファリング別に置き換えた形となる。

 オファリングとは端的に言えば「製品・サービス」のことだが、同社がこの言葉を使用しているので本稿でもそのまま表現する。具体的には、写真2および図1に示したように「ソフトウェア」「ハードウェア」「サービス」「トレーニング」「ディストリビューション」の5分野となっている。パートナーは自社の顧客向けオファリングに基づいて、1つ以上のパスに参加することができる。各パスでは、リソース、ベネフィット、プログラムにおいて厳選されたソリューションを提供するという触れ込みだ。

図1:AWSパートナーパスの概要(出典:AWSジャパン)
図1:AWSパートナーパスの概要(出典:AWSジャパン)

 渡邉氏は基調講演で「パス」という言葉について、「回すパスではなく『道筋』を表す。つまり、お客さまのクラウドジャーニーを支援する道筋を示すと理解していただきたい」と説明した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]