ドメイン登録サービス「Google Domains」、7年間のベータを経て一般提供に

Aimee Chanthadavong  (ZDNET.com) 翻訳校正: 緒方亮 吉武稔夫 (ガリレオ)

2022-03-17 13:47

 Googleは、ベータ版の公開から7年を経て、日本を含む26カ国でカスタムドメイン登録サービス「Google Domains」の一般提供を開始したと発表した。

Google本社

 公式サイトによると、料金は年額7ドル(日本では850円)からで、ドメイン末尾によって異なる。300を超えるドメイン末尾が利用可能だ。

 Googleは新たな利用を促進するため、新規とリピートのユーザーに対し、クーポンコード「DOMAINS25」の利用で、ドメイン登録またはGoogle Domainsへの移管を1回、20%割引きするという。割引対象期間は4月16日までだ。

 Google Domainsに登録すると、ドメインのメールエイリアスを最大100個作成して既存のメールアカウントに転送できるほか、「Google広告」や「Search Console」といったGoogleのツールを利用できる。

 2段階認証や1クリックのDNSセキュリティ強化策なども、追加費用なしで利用できる。

 またGoogleによると、Wix、Shopify、Squarespace、Weebly、Bluehostなどのウェブサイト作成サービスや、「Googleサイト」との連携が可能で、プロのようなウェブサイトやオンラインストアを、コードを書くことなく作成できるという。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]