編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

KDDI、量子コンピューティング技術で東京・神奈川エリアの通信品質改善

大場みのり (編集部)

2022-03-18 18:09

 KDDIは3月18日、1~2月に量子コンピューティング技術を活用し、基地局の通信品質を改善したと発表した。東京都と神奈川県の一部の基地局約1000局の設定を最適化することで、顧客の通信速度が向上し、動画などの大容量コンテンツを今まで以上に快適に利用できるようになったという。同社は2022年度以降、東名阪の都心部を中心に量子コンピューティング技術を用いて第5世代移動通信システム(5G)などのさらなる通信品質向上を目指す。

 基地局には、複数の基地局間での影響を考慮した設定が必要になる。基地局設定の最適化で通信品質を改善できる一方で、多くの基地局を対象にすると従来型の汎用コンピューターの総当たり計算で年単位の時間がかかってしまうという課題があった。そのため、現実的な時間で多くの基地局を最適化することが困難だった。

 今回の取り組みでは、基地局の設定を効率的に行うKDDIの特許技術と量子コンピューティング技術を活用し、多くの基地局をまとめて最適化する手法を確立した。これにより、同設定の最適化を自動で行えるようになった。

 同手法の実行には、富士通の量子インスパイアード技術「デジタルアニーラ」が活用されている。デジタルアニーラは、現在の汎用コンピューターでは解くことが難しい組み合わせ最適化問題に特化した計算機アーキテクチャーによる情報処理技術。1000局の基地局の最適化を約60分で計算し、従来できなかった精度の品質改善が可能となった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]