山谷剛史の「中国ビジネス四方山話」

死後のデータをどう扱うべきか--中国のネットユーザーがデジタル遺産で論議 - (page 2)

山谷剛史

2022-03-24 07:00

 ウェイボーは2020年9月に「『故人アカウント』の保護に関する留意事項」を発表。これは、故人のアカウントを確認後、ログインや投稿、削除、ステータス変更をできないようにし、そのままの状態でアカウントを保存するものだ。これに先立つ2019年4月、ウェイボーは中国国家博物館と提携し、全てのコンテンツをデジタルメモリーとデジタル遺産として保存対象にすると発表している。

 動画サイトの哔哩哔哩(ビリビリ)は2020年12月、「メモリアルアカウント」機能を開始した。これも、家族や親族が申請して故人のアカウントを残すというものだ。サービスの発表文では「かつて彼らと私たちが同じ世界に存在し、同じ風景を見て、同じことに喜んだり悲しんだりしたことを記念するため」と説明している。

 ビリビリのアカウント「墨茶Official」の運営者が2021年1月に若くして死んだ。同氏はビリビリで合計28本の動画を投稿しており、生前はフォロワーが200人程度の目立たないアカウントだった。ところが死後、メモリアルアカウントのフォロワーは199万1000人に達し、最も再生された動画は800万回以上に及ぶ。

 同氏は生前、家族のために借金を積み重ね、家を出て四川省成都市で低賃金で働いた末、衛生状態が良くない食事で体調不良に陥ったと判明。日々の労働とライブ配信だけの貧しい生活という、他人事ではない地方出身者の悲痛な人生経験に、多くの中国人が共感した。それに加え、「一部の人だけが死後に名誉を受け記憶される特権を持つのではなく、平凡な私でも必ず愛される」という希望を視聴者に与えていると中国メディアは分析している。

 人の死のプロセスは3段階に分けられ、1つ目は脳死などの身体的な死、2つ目は葬式などによる社会的な死、3つ目は世界の誰もがその人のことを忘れる、それが完全な死であるという意見がある。故人のデータを残すか消すかはまだ各企業による手探りの段階だが、やがて中国政府はそれに対しても方針を示していくかもしれない。

山谷剛史(やまや・たけし)
フリーランスライター
2002年から中国雲南省昆明市を拠点に活動。中国、インド、ASEANのITや消費トレンドをIT系メディア、経済系メディア、トレンド誌などに執筆。メディア出演、講演も行う。著書に『日本人が知らない中国ネットトレンド2014』『新しい中国人 ネットで団結する若者たち』など。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]