編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

凸版ら、ロボット管理クラウドとエレベーター制御システム間でセキュリティ通信実証

NO BUDGET

2022-03-23 09:41

 凸版印刷とZMPは、ロボットを管理するクラウドシステムとエレベーターを制御するシステム間のセキュリティ通信に関する実証実験を2021年11月~2022年1月に実施した。凸版印刷が発表した。

 実証では、建物内に設置するエレベーターを制御するシステムに、凸版印刷のIoTデバイス向けセキュアエレメント「Edge Safe」を組み込み、ZMPのロボット管理クラウドシステム「ROBO-HI」との間でデータを送受信した。

 また、凸版印刷の配信クラウドサービスからEdge Safeへ電子証明・鍵配信を行うことで、ROBO-HI間との暗号通信が可能となり、セキュリティ通信における凸版印刷のIoTセキュリティソリューション「セキュアアクティベートサービス」の有効性を確認した。

 Edge Safeは、IoTデバイス向けのセキュアエレメントとして利用され、ファームウェアや認証鍵、電子証明書などの重要情報を安全に格納できる。ROBO-HIは、施設や街単位でロボットを統合的に管理するプラットフォーム。ロボットやIoT、エレベーターなどの設備、各種業務システムとの連携、人手を介することのないロボット群の管理を可能にする。

 オフィスビルや商業施設でのビルといった施設内の案内や荷物の配達などに活用されることが増えているが、施設入退場のセキュリティゲート通過や施設内移動時のエレベーター利用などがロボット活用の障壁になっている。ビル内でのロボット活用を推進するには、ロボットの制御システムとビル管理システム間の安全な連携が必要となり、セキュリティが確保された通信方法などが検討されていた。

 今後両社は今回の実証実験で得た知見を生かし、Edge Safeを組み込んだロボットとエレベーター制御システムや入退室ゲート制御システムとのセキュリティ通信によるロボットの自立移動を検証する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]