日立とサービスナウ、製造業のセキュリティ向上対策で協業

ZDNet Japan Staff

2022-03-22 14:49

 日立製作所とServiceNow Japanは、製造業におけるセキュリティ向上へのさまざまな施策で協業すると発表した。

 この取り組みでは、ServiceNowのセキュリティ運用管理サービス「Security Operations」と日立の脆弱性検索サービスを組み合わせた「PSIRT運用プラットフォーム」を、製造企業が顧客など提供する製品でのサイバーセキュリティに担う体制の「プロダクトサート(PSIRT)」に提供する。

 製造業では、製品でITソフトウェアなどの採用が広がっており、ソフトウェアの脆弱性など製品の品質に大きく影響するほか、製品を使用する顧客のセキュリティリスクも高まってしまう。製品に使われるソフトウェアの種類は膨大かつ複雑で、脆弱性の情報も多数発信されている。PSIRTの担当者が自社製品に関するソフトウェアのセキュリティ情報を把握したり対策を講じたりするには負担が重く、その軽減が課題になっている。

 日立とServiceNowが検証したところ、両社の仕組みを連携させることで脆弱性情報の収集と確認のための作業時間が約7割減る効果が認められたとのこと。この仕組みでは、脆弱性の有無や影響、リスクスコアといった情報のほか、脆弱性の修正対応といった作業フローを管理する機能も提供するという。

 両社は今回の発表に先行して大手製造業にこの仕組みを提供し、既に月に数万件となるセキュリティ事案の管理・対策業務に利用されていると説明する。

PSIRT運用プラットフォームのイメージ
PSIRT運用プラットフォームのイメージ

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]