編集部からのお知らせ
新着特集PDF「IOWN構想のNTT」
おすすめ記事まとめ「ランサムウェア」
調査

インターネット犯罪被害額は2021年も拡大、69億ドル超に--FBI報告書

David Anders (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2022-03-23 11:04

 米連邦捜査局(FBI)の年次インターネット犯罪報告書によると、2021年のインターネット犯罪による被害総額は69億ドル(約8300億円)を超え、2020年より20億ドル(約2400億円)以上増加した。報告書は米国時間3月22日に公開された。FBIのインターネット犯罪苦情センター(IC3)に報告された「最もよくあるインターネット詐欺に関する情報」が含まれている。

Internet Crime Cost People More Than $6.9B in 2021, FBI Says
提供:Bill Hinton

 FBIによると、2021年に報告されたインターネット犯罪は合計84万7376件だった。2020年からの増加率は7%で、2019年からは81%増加している。2021年に最も報告件数が多かったサイバー犯罪のトップ3は、フィッシング詐欺、不払い/未配送、個人データ漏えいだった。

 この2年間でインターネット犯罪が急増している背景には、新型コロナウイルスのパンデミックがあると考えられる。FBIが報告書の中で指摘しているように、コロナ禍で在宅勤務やオンラインミーティングが増加した。2020年にFBIに寄せられたコロナ関連のインターネット犯罪に関する苦情件数は2万8500件以上だったが、2021年の報告書にこの統計値の記載はないようだ。

 コロナ関連の制限や強制措置は、米国の多くの地域で緩和されつつあるが、インターネットにおける犯罪活動は、特にフィッシングやデータ漏えいなどの形で今後も増加が続く可能性がある。米個人情報窃盗リソースセンター(Identity Theft Resource Center:ITRC)によると、2021年に米国で発生したデータ漏えい件数は過去最高を記録した。仮想通貨(暗号資産)の取り引きが増加する中、サポート詐欺などの犯罪はさらに増加する恐れがある。仮想通貨の利用に関わる苦情の報告は2021年、約3万2400件だった。ロマンス詐欺、技術サポート詐欺、ランサムウェアなども、注意が必要な一般的なインターネット犯罪だ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]