編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」

量子技術とAIのSandbox AQ、Alphabetからスピンオフ--元グーグルCEOシュミット氏ら出資

Michael Gariffo (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-03-23 12:04

 Googleの親会社Alphabetは、量子コンピューティングテクノロジーに注力するSandbox部門をスピンオフし、独立企業Sandbox AQとしたようだ。Sandbox AQは米国時間3月22日、正式な立ち上げを発表した。

 Sandbox AQによると、「AQは人工知能(AI)と量子(Quantum)の頭文字だ。この2つは、Sandboxが差し迫ったグローバルな課題に取り組むために用いる重要なツールだ」という。同社は、量子テクノロジーとAIを活用したソリューションを提供するエンタープライズSaaS企業だ。

 Sandboxのチームは2016年にGoogleのパロアルト本社内でスタートした。実用的なアプリケーションで使用するための量子テクノロジーソリューションの開発に注力する部門だ。

 Sandbox AQは、「通信、金融サービス、ヘルスケア、政府、コンピューターセキュリテイをはじめとする計算集約型の分野」向けのソリューションを開発する。Alphabetの同部門で作業していたエンジニアや科学者、技術者55名のチームが広範なユースケースの実用的なソリューションに取り組む。これらのスタッフは「物理学、化学、AI、神経科学、暗号学、数学などの分野」に関する専門性を持つ。

 Sandbox AQの初期投資家のリストには、Googleの元最高経営責任者(CEO)Eric Schmidt氏のほか、Breyer Capital、T. Rowe Price、Marc Benioff氏のTIME Venturesなどが名を連ねる。Schmidt氏、Breyer CapitalのJim Breyer氏のほか、18人の投資家やGoogleの上級リーダー、テクノロジー業界の幹部らが諮問委員会のメンバーとなっている。Schmidt氏は取締役会会長の責務も担う。

 Sandbox AQは、「オーバーサブスクライブされた資金調達ラウンド」で獲得した現金で、AI分野の専門家や物理学者、エンジニアを追加雇用し、AIテクノロジーと量子テクノロジーのさらなる開発と製品化を推進していく計画だ。

 同社は、グローバルな顧客ベースにVodafone Business、Softbank Mobile、医療機関グループのマウントサイナイ・ヘルスシステムが含まれるほか、主要な「Global 1000」企業との関わりがあるとしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]