編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」
松岡功の一言もの申す

企業規模の違いで懸念される「働き方改革の格差」とは

松岡功

2022-03-24 10:09

 ニューノーマルの働き方として「ハイブリッドワーク」が注目されているが、これはどうやら大企業の話で、就業者全体の3分の2を占める中小企業には縁遠いのではないか。そんなことを感じる調査結果がこのほど公表された。懸念されるのは、企業規模の違いによる「働き方改革の格差」だ。

中小企業のテレワーク実施率は37.8%

 ニューノーマル時代に向けて柔軟な働き方を実現するハイブリッドワークに注目が集まっている。テレワークとオフィスワークの両方を活用するこの働き方には、ここに来て多くの企業が取り組みを始めている。オフィスワークにこだわることなく柔軟に働く場所を変えることは、新型コロナウイルスのような感染症対策だけでなく、オフィス、自宅、サテライトなどそれぞれの利点をうまく引き出せば、生産性の向上も期待できる・・・。

 と、最近、こうしたハイブリッドワークを推奨する内容の記事をやたらと目にするようになった。実は筆者もこれまで、こんな調子の記事を幾度か書いてきた。だが、このほど公表された調査結果を見て、ハイブリッドワークはどうやら大企業の話で中小企業には縁遠く、それが新たな問題を引き起こすのではないかという疑念を抱いた。

 その調査結果とは、東京商工会議所が公表した「中小企業のテレワーク実施状況に関する調査」と題したレポートだ。2月14〜24日の調査期間で、東京23区の2141社を対象に実施し、558社から回答を得たものである。

 それによると、回答した中小企業の2月時点でのテレワーク実施率は37.8%にとどまった。ちなみに、2021年11月時点の調査結果と比べると、新型コロナウイルスの変異型の感染拡大を受け、これでも6.6%上昇した形だという(図1)。

図1:中小企業のテレワーク実施状況(出典:東京商工会議所「中小企業のテレワーク実施状況に関する調査」)
図1:中小企業のテレワーク実施状況(出典:東京商工会議所「中小企業のテレワーク実施状況に関する調査」)

 企業におけるテレワーク実施率についてはさまざまな調査結果があるが、それらを総合すると37.8%という数値は大企業と比べて20〜30%ほど低いと見ることができるだろう。さらに、東京だけでなく全国レベルで見れば、その差はもう少し広がるのではないか。

 この調査結果を業種別に見ると、小売業だけが17.9%で、他の業種が36〜41%なのに対し、目立って低かった。これは店舗などに出勤しないと仕事にならないからだろう。ただ、この点は大企業でも同じだとみられる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]