編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
調査

「ノーコード」の認知率は23%、導入メリットの訴求が課題--ヤプリ調査 - 10/12

藤本和彦 (編集部)

2022-03-25 13:56

 アプリケーション基盤「Yappli」を提供するヤプリは、ビジネスパーソンを対象にプログラミングの学習意欲やノーコードの認知度を調査した。その結果、ノーコードの認知率は23%にとどまり、導入メリットの訴求が課題であると分かった。ヤプリが3月25日に発表した。

 同社は同日、ノーコードの活用方法を探るリサーチプロジェクト「ノーコード総研」を設立。今回の調査はノーコード総研が2022年2月に実施し、経営・管理、営業/営業企画、広報・宣伝、企画・調査・マーケティング、ウェブ関係、各種コンサルタントから成る23~89歳のビジネスパーソン600人が対象になった。

 プログラミング学習についての調査結果では、IT人材が「足りていない」と回答した人は45.7%で、「足りている」(24.8%)を上回った。プログラミングへの学習意欲について「興味がある」と回答したのは38%にとどまった。興味がない理由としては、「業務に全く関係しない」(57.5%)が最多で、「自分はとても無理、できる人がやるべき」という回答も32.3%だった。

 ヤプリでは、「ITシステムが業務に深く浸透した今もなお、『プログラミング』に対するハードルは高く、当事者意識を持ちにくい状況があるようだ」と分析する。

 一方、プログラミング学習に「興味がある」と回答した人に対して、実際の取り組み状況も聞いている。それによると、「いずれ勉強する予定だが、まだ着手できていない」が18.0%、「勉強する予定はないが、機会があれば教養として基礎を身につけたい」が28.9%という結果だった。「過去に勉強したことがあるが挫折した」(24.1%)も合わせると、約7割がプログラミング学習に継続して取り組めていないことが分かった。

 プログラミングを生かしたい業務については、「データ分析・データベース構築」「ウェブサイト開発・運営」に多くの回答が集まったとしている。

 次に、ノーコードについての調査結果である。調査によると、ノーコードの認知度は23.0%にとどまり、まだその言葉自体を知らない人がビジネスパーソンの大半を占めていることが分かった。

 また、言葉の認知経路としては、52.9%が「新聞・ネット記事」と回答。「近年さまざまなメディアでノーコードをテーマとした特集が組まれたことが、認知のきっかけになっていると考えられる」とヤプリは分析する。「企業のサービスサイト・商談」が30.4%で続き、企業が自社サービスを「ノーコードツール」として打ち出しているのも認知につながっているようだと指摘する。

 ビジネスパーソンはノーコードにどのようなイメージを抱いているのか。調査では、「直感的で分かりやすい」(43.5%)、「素早く作れる」(42.8%)、「誰でも使える」(39.1%)といったポジティブな回答が多く集まった。その一方で、自社でのノーコードツールの導入率については、「導入している」との回答は9.5%にとどまり、50.7%が「導入していない」という結果だった。

 ノーコードツールの導入については、28.1%が「非常に効果があると感じる」、54.4%が「効果があると感じる」と回答した。具体的な効果としては、「社内で内製化・運用できるようになった」(36.8%)、「業務効率が上がった」(36.8%)とする回答が挙がった。

 ノーコードツールの導入意向については、未導入企業の64.1%が「興味はない」と回答し、23.4%が「興味はあるが、導入予定がない」と回答。「知名度とともに、ノーコードツールのメリットがまだ理解されていないことが分かった」とヤプリは振り返っている。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    【講演資料】Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  2. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  3. ビジネスアプリケーション

    北海道庁、コロナワクチン接種の予約受付から結果登録まで一気通貫したワークフローを2週間で構築

  4. セキュリティ

    Sentinel運用デモ-- ログ収集から脅威の検知・対処まで画面を使って解説します

  5. セキュリティ

    セキュアなテレワーク推進に欠かせない「ゼロトラスト」、実装で重要な7項目と具体的な対処法

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]