クラウド契約「クラウドサイン」、スマートキャビネット機能を追加--契約書管理を自動化

NO BUDGET

2022-03-28 11:06

 弁護士ドットコムは、同社のウェブ完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」のエンタープライズプランに、契約書管理の自動化と、格納するキャビネットに対してグループごとに閲覧権限の設定が可能な「スマートキャビネット機能」の提供を開始した。

 クラウドサインは、「紙と印鑑」を「クラウド」に置き換え、契約作業をPCだけで完結できる。全てがクラウド上で完結するため、契約締結のスピード化とコスト削減を実現する。

 「スマートキャビネット機能」は、複数の部署での利用を想定するエンタープライズ企業向けの書類管理機能。大規模かつ複雑な組織構造や、契約締結件数が多い場合に、煩雑になりがちな契約書管理をルール化してミスなくスムーズに実行する。

契約書管理の自動化
契約書管理の自動化

 契約書管理の自動化では、事前に設定した条件に基づいて書類が自動で分類される。クラウドサイン上でグループ設定されている部署やプロジェクトなどに対して、格納したいキャビネットが決まっている場合に、そのルールを設定しておくと、クラウドサインで契約締結が完了した際に自動で指定のキャビネットに格納される。

グループごとの閲覧権限の設定
グループごとの閲覧権限の設定

 またグループごとの閲覧権限の設定では、部署やプロジェクトなど任意の単位でユーザーを「メンバーグループ」としてグルーピングするとともに、同じく書類を取り扱う部署や書類の種別など任意の単位で「キャビネット」としてグルーピングできる。メンバーグループとキャビネットをひもづけることで、ユーザーの所属や書類の種別に応じた適切なアクセスコントロールを実現する。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]