編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

グーグル「Chrome」の悪用確認された脆弱性修正、アップデートを--マイクロソフト「Edge」も

Chris Duckett (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-03-29 11:40

  Googleは、「Chrome」を「Windows」「macOS」「Linux」で使用しているユーザーに対し、バージョン99.0.4844.84にアップデートするよう求めている。実際に悪用されている脆弱性「CVE-2022-1096」に対処するアップデートだという。

Google Chrome
提供:slyellow/Shutterstock

 Googleはこの問題について、「CVE-2022-1096:匿名の人物によって2022年3月23日に報告された、『V8』における型の取り違え(Type Confusion)の脆弱性」とのみ説明している。深刻度は重要(High)とされている。

 V8はChromeのJavaScriptエンジンだ。サーバーサイドで稼働するNode.jsでも用いられている。現在のところ、影響の有無について明らかにされていない。

 Googleは、大多数のユーザーがChromeをアップデートするまで、この問題に関する詳細の公表を控えるとしている。

 また同社は、「さらに、その他のプロジェクトでも同様の依存関係があるサードパーティーのライブラリーにこの問題が存在し、修正がなされていない場合も、詳細の公表に関する制約が維持される」と述べている

 Microsoftは、「Microsoft Edge」のバージョン99.0.1150.55でこの問題を修正したとしている。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]