編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

赤ちゃん本舗、業務デジタル化クラウドで承認スピードを短縮

NO BUDGET

2022-03-30 11:54

 マタニティーやベビー・キッズ用品事業を展開する赤ちゃん本舗は、ドリーム・アーツの大企業向け業務デジタル化クラウドサービス「SmartDB」を導入し、申請業務などをデジタル化した。ドリーム・アーツが発表した。

 同社は、これまで紙ベースで担当者一人ひとりが行ってきた承認業務のフローをデジタル化し、複数人に対して同時に承認依頼を回す合議形式に変更。承認のリードタイム短縮などの効果が見られたという。

起案内容による承認ルート設定のイメージ
起案内容による承認ルート設定のイメージ

 赤ちゃん本舗では、新型コロナウイルス感染症の拡大以来、本部業務のさまざまな改善に取り組んでおり、その一環として、全社の業務デジタル化プラットフォームとなるツールの導入検討を開始していたという。

 SmartDBについて同社は、ノーコード/ローコードの開発基盤であること、申請者の属性や申請内容に応じた承認プロセスの自動判定機能を有し、一般の利用者も使いやすいことを評価し、導入に至った。導入後は、特に重要度が高く、業務フローが複雑で運用難易度が高い稟議(りんぎ)業務や採用・労務業務を優先しデジタル化に着手した。現在では14業務のデジタル化を完了し、本番運用を開始している。

 同社では、今後さらにデジタル化を加速させるための体制を拡大し、将来的には自律的にSmartDBで業務アプリ開発をできるメンバーが全ての部門に存在する状態を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]