編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

アドビと専修大、デザイン思考を取り入れた大学カリキュラムを開発

NO BUDGET

2022-04-04 07:00

 アドビは専修大学と提携し、デザイン思考を取り入れて社会課題の解決のためのビジネスプランを作成するカリキュラムを共同で開発した。

 2022年度前期開講の「ビジネスデザイン特講」(SB)に利用されるこのカリキュラムは、社会課題解決のためのビジネスプラン策定とその作成のためのデザイン思考(またはさまざまな思考法)の体験を目的としており、アドビと専修大学経営学部の見山謙一郎特任教授によって開発された。

 欧州で活動するデザイナーで研究者でもある井上史郎氏とも連携し、SDGsとデザイン思考の視点から、学生がバングラデシュの社会課題解決のためのビジネスプランをグループワークで作成する。

 グループワークにはアドビのウェブ/モバイルアプリのデザインやプロトタイピングを行うソフトウェア「Adobe XD」を使用し、ビジネスプランの策定を進める。また講義で作成されたビジネスプランは、JETROバングラデシュ事務所長に実際に提案し、現地目線からのフィードバックを受ける予定だ。

 Adobe XDはウェブサイト、モバイルアプリ、音声インタラクション、タッチスクリーンのためのデザインとプロトタイプの作成に必要な機能がそろっており、アイデアからエクスペリエンスまでを作成できる。アドビが人文・社会科学系の大学と提携してビジネスデザインのカリキュラムを共同開発し、そのグループワークでAdobe XDを使用するのは国内で初めてだという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]