東京都足立区、災害時のコミュニケーションツールに「POCKETALK W」を採用

NO BUDGET

2022-04-05 13:13

 東京都足立区は災害時のコミュニケーションツールとして、人工知能(AI)を活用した通訳機「POCKETALK W」を60台採用し、4月から利用している。POCKETALKシリーズを展開するポケトークの親会社ソースネクストが発表した。

 同製品は2020年7月、児童・生徒と学校職員のコミュニケーションのため、足立区立の全小/中学校に各1台導入されている。今回新たに、災害発生時などにおいて日本語が不得手な外国人らとのコミュニケーションにも使われることとなった。

 今回採用されたPOCKETALK WはPOCKETALKシリーズの初代バージョン。POCKETALKは、互いの言葉を話せない人同士が自国語のままで対話できるAIを活用した通訳機。70言語を音声・テキストに翻訳し、12言語をテキストのみに翻訳できる。クラウド上のエンジンとAIを使った翻訳精度の高さが特徴だといい、長い文章も訳せるとしている。Wi-Fiのない所でも世界130以上の国と地域で使えるモバイル通信機能を内蔵しており、契約や通信料が2年間不要で買ってすぐに使える。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]