編集部からのお知らせ
特集PDF1「導入期に入るマイクロサービス」
特集PDF2「DXレポート」

スポーツクラブ大手がノーコード開発ツールを導入--現場担当者が3日でアプリ開発

藤本和彦 (編集部)

2022-04-06 10:35

 スポーツクラブ大手のルネサンスは、ノーコードでモバイルアプリを作成するツール「Platio」を導入。現場で作成した「落とし物管理アプリ」を全国103店舗で運用し、管理業務を効率化した。ツールを提供するアステリアが4月5日に発表した。

問い合わせのあった落とし物をアプリで検索する様子
問い合わせのあった落とし物をアプリで検索する様子

 ルネサンスが運営するスポーツクラブで連日約20件発生する落とし物管理業務では、落とし物をスタッフが紙の台帳に記録し、問い合わせ時には棚にある該当物を目視で探していた。このやり方では、「記入時や該当物を探す時に手作業や移動が多く発生する」「台帳に記載する落とし物の特徴に個人差が出てしまう」といった問題で非効率な業務フローに陥っていた。

 そこで同社は、低コストかつ短期間で現場のニーズに合わせたアプリを簡単に作成できるPlatioの導入を決定した。プログラミングなどの経験がないビジネスリレーション部の担当者が、独自の落とし物管理アプリを3日で作成し、全国店舗での運用を開始した。

落とし物管理アプリの概要
落とし物管理アプリの概要

 同アプリの導入で、紙の台帳を使った落とし物管理業務を全廃。全国の店舗で入力や管理に関わる作業時間が月間で最大550時間削減された。ルネサンスでは今後、施設管理や日々の館内点検業務にもPlatioを活用する予定で、現場のデジタル変革(DX)を通じてさらなる業務効率化と顧客サービスの向上を図る方針だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]