編集部からのお知らせ
新着の記事まとめPDF「NTT」
おすすめ記事まとめ「MLOps」

ソフトウェア開発で続くセキュリティ軽視--業界に求められる迅速な変化

Danny Palmer (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2022-04-13 07:30

 世界中の組織やインフラストラクチャーがソフトウェアの脆弱性に対してどれほど無防備かを示す出来事が1つあるとすれば、それは「Log4j」だった。

 「Java」のロギングライブラリー「Apache Log4j」の深刻なゼロデイ脆弱性により、攻撃者がリモートからコードを実行してデバイスやネットワークにアクセスすることが可能になってしまった。このオープンソースソフトウェアは、膨大な数のアプリケーション、サービス、エンタープライズソフトウェアツールに組み込まれているため、広範囲で長期にわたって混乱が発生するおそれがあった。

 米サイバーセキュリティ・インフラセキュリティ庁(CISA)長官のJen Easterly氏が、この脆弱性を「私がこれまでのキャリアで見た中で、最も深刻とまでは言わないが、最も深刻なものの1つ」と評したのは、当然のことだ。

 セキュリティパッチがすぐに開発され、組織は速やかにパッチ適用を進めたが、Log4jはオープンソースのコードであり、広範に使用されているため、アップデートを受け取らないソフトウェアやアプリケーションは今後も存在し続けるだろう。Log4jが開発プロセスの一部だったことに誰も気づいていない場合は、パッチ適用の可能性がさらに低下する。

 Log4jは、長年使用されてきたソフトウェアで見つかった深刻なセキュリティ脆弱性の一例にすぎない。この脆弱性が発覚する20年前に発表されたのが、当時Microsoftの最高経営責任者(CEO)だったBill Gates氏の「Trustworthy Computing」(信頼できるコンピューティング)メモだ。このメモは、MicrosoftのOSと製品でさまざまなバグやセキュリティホールが発見されたことを受けて、同社の開発者に対し、もっと安全なソフトウェアを作るよう促すものだった。

 「最終的には、根本的に安全なソフトウェアを作り、顧客がセキュリティについて一切心配せずにすむようにするべきだ」とGates氏は記している。

 それから20年が過ぎた現在、「Microsoft Windows」は、適切に使用してセキュリティ更新プログラムが適用されている場合は、一般に非常に安全なOSとみなされているが、Microsoftでさえコードの深刻な脆弱性からは逃れられない。さらに広い範囲に目を向ければ、依然としてあまりにも多くの無防備なソフトウェアが存在する。

 出荷されるソフトウェアには必ずバグが含まれているが、ソフトウェアとサービスは日常生活における重要度が以前にも増して高まっており、セキュリティ脆弱性の影響によって生じる被害はさらに大きくなる可能性がある。

 ソフトウェア開発は多くの点で、この新たな現実に対応できるように進化していない。脆弱性(重大な脆弱性の場合もある)が発見されるのは依然として、製品が展開されたずっと後だ。Log4jのようなあまり知られていないコンポーネントが関わっている場合、自社に影響があるかどうかさえよく分からないかもしれない。

 「現在のソフトウェア開発の方法は本質的に、バグや不具合が発生しやすい」。ソフトウェアセキュリティ企業Code42の最高技術責任者(CTO)兼ソフトウェア開発チーム責任者であるRob Junker氏はこのように語る。

 「ペースが速くなった現在の開発プロセスは、大半のセキュリティチームのベストプラクティスと相容れないものだ」

 サイバーセキュリティ担当者は、ソフトウェアを安全なものにしたいと思っている。そのプロセスには、投資、人員、時間が必要だ。これは多くの場合、ソフトウェアを構築する企業の要件と衝突する。こうした企業はコードが問題なく機能することを確認し、できるだけ早く公開したいと考えている。新しい製品や機能がそのコードに依存している場合はなおさらだ。

 業界におけるセキュリティの現状は企業によって大きく異なり、一部のトップベンダーのセキュリティはかなり良好だが、大多数のベンダーは(資金が潤沢な企業でも)基本的なセキュリティ投資が不足している、とLuta SecurityのCEOであるKatie Moussouris氏は語る。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

関連記事

関連キーワード
脆弱性(ぜいじゃくせい)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    アンチウイルス ソフトウェア10製品の性能を徹底比較!独立機関による詳細なテスト結果が明らかに

  2. 経営

    10年先を見据えた働き方--Microsoft Teamsを軸に社員の働きやすさと経営メリットを両立

  3. セキュリティ

    6000台強のエンドポイントを保護するために、サッポログループが選定した次世代アンチウイルス

  4. セキュリティ

    ローカルブレイクアウトとセキュリティ-SaaS、Web会議があたりまえになる時代の企業インフラ構築

  5. 運用管理

    マンガでわかるスーパーマーケット改革、店長とIT部門が「AIとDXで トゥギャザー」するための秘策

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]