編集部からのお知らせ
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」
お勧め記事まとめPDF「マイクロサービス」

セキュリティのバラクーダネットワークス、投資ファンドKKRが買収へ

Charlie Osborne (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2022-04-14 11:40

 プライベートエクイティファンドのKKRは米国時間4月12日、Barracuda NetworksをThoma Bravoから買収する契約を締結したと発表した。

 2003年に創業されたBarracudaは、電子メールの保護や、アプリケーションのセキュリティ、データ保護、ネットワークセキュリティといったクラウドやハイブリッド環境で導入、管理できるサイバーセキュリティソリューションを提供している。Secure Access Service Edge(SASE)、脅威検知と対応、データ検査などの分野の製品を手がける。

 同社は世界でおよそ20万の顧客を抱えており、中小企業に注力している。

 「オルタナティブ資産管理」の提供をうたう投資会社のKKRは、最近になってBarracudaに対する興味を示したようだ。KKRが管理する資産には、ヘッジファンドや未公開株式、クレジット、リアルアセットなどがある。

 プライベートエクイティ企業のThoma Bravoは、2017年にBarracudaを16億ドル(約2000億円)で買収すると発表した。Barracudaは2013年にニューヨーク株式市場(NYSE)に上場していたが非公開企業となった。

 今回の買収条件は明らかにされていない。Thoma Bravoによる買収以来、Barracudaは売上高が「5億ドル(約630億円)を超える」までに成長したという。

 Reutersの報道によると、この買収でBarracudaは負債を含めておよそ40億ドル(約5000億円)と評価されている。

 KKRの北米テクノロジープライベートエクイティ責任者John Park氏は、「引き続き、セイバーセキュリティは非常に魅力的な分野だとみている」とコメントした。

 買収は慣習的な取引完了条件に従って2022年末までに完了する見通しだ。

この記事は海外Red Ventures発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]