編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

日立製作所、「マルチクラウド運用管理サービス」を発売

NO BUDGET

2022-04-20 13:16

 日立製作所は、クラウド導入後の煩雑な運用業務をワンストップで支援する「マルチクラウド運用管理サービス」を発売しした。

「マルチクラウド運用管理サービス」の特徴
「マルチクラウド運用管理サービス」の特徴

 同サービスは、複数のパブリッククラウドを組み合わせて利用するマルチクラウド環境に対応し、障害対応やオペレーション代行、稼働レポート提供(コスト最適化の提言、セキュリティ脅威に対する施策などガバナンスに関する情報を含む)など、ITインフラ基盤の運用業務を同社がワンストップで支援する。なおサービスデスク、メンテナンス作業や障害対応などの運用業務は24時間体制でサポートする。

 Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、Google Cloudに対応しており、標準運用サービスとカスタム運用サービスの2つのメニューがある。また、稼働レポートは単純なリソースの使用状況やインシデント対応状況の報告だけではなく、パフォーマンス、コスト最適化、信頼性、セキュリティ順守状況などの視点から運用状況の総合的な評価を報告する。

 標準運用サービスは、サービスデスク、オペレーション業務(一時作業/障害対応)、稼働レポート報告、月次定例会開催など、日立が長年培ったクラウド運用の実績に基づく標準的な運用支援メニューをレディメイド型のサービスとして迅速に提供する。

 カスタム運用サービスは、顧客特有のオペレーション業務への対応や監視機能の導入、運用自動化支援、ITガバナンス強化など要望に応じてカスタマイズし提供する。

 利用価格は、標準導入サービス(サービスデスク導入、障害検知環境の準備)が120万円。標準運用サービスが月額95万円、カスタム運用サービスが個別見積りとなっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]